投資

GACKTの「仮想通貨」新事業投資に呆れる声

歌手のGACKTが2017年末に本名を『大城ガクト』だと明かした上で、仮想通貨事業『SPINDLE』に参画することを表明した。本人のブログでは、新事業の意義について丁寧に説明をしていたのだが、「失敗するのでは?」などとネガティブな意見も噴出している。なぜならGACKTは、これまで投資詐欺に合うなど、金儲けに関して失敗を…

つづきを見る

もらえる年金が増える「付加年金」とは?

老後に自分がもらえる年金がいくらになるのか――。現在働いているほとんどの人が気になっていることだろう。会社員など厚生年金に加入している人は、収入が上がれば年金も増えるが、国民年金加入者の場合、収入にかかわらず保険料は一定なので、将来受け取ることのできる金額は原則として同じになる。しかし、諦めてはいけない。国民年金を増や…

つづきを見る

超低金利の時代に潜む不動産の甘い罠

ローン金利の低い時代には、金融商品や投資の話に罠が仕掛けられていることが多い。 例えば、投資用マンションなどの不動産投資で、資産形成が簡単にできるという勧誘もそうだ。 「投資物件を扱う不動産会社はセールストークが巧みです。サラリーマンには『節税できる』、『生命保険の代わり』、『将来の年金』などと言って煽る。そしてあっと…

つづきを見る

株式投資で失敗しないためには「株式指標」に注目することが重要

以前に、株式投資における3つの基本戦略を説明させてもらった。 戦略をとるにも、実際に個別の株を研究しなければならない。さらに、物事をある程度、数量化して理解することも必要だ。その上で参考になるのが、『株式指標』である。 今回は基本的な3種類の指標をご紹介しよう。 利益成長率 株価は、その会社の利益に敏感に反応する。成長…

つづきを見る

Glasses on stock market graph, financial concept

株式投資には基本となる「3つの戦略」がある

アメリカには、すごい投資家がいる。 大富豪のウォーレン・バフェット(投資会社パークシャーハザウェイの会長)という人だ。1960年代から株式投資をはじめ、年複利20%近くで50年間近く運用し続けたと言われている。 ただし、保有している株は、コカ・コーラやアメックスなど、誰でも知っている大企業が多い。有望な株を長期で持ち続…

つづきを見る

pen and financial report

株式運用する上で大事な「複利」という考え方

NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)や、株券電子化によって、手軽に参加できるようになり、一気に個人投資家の数も増えた。 そんな、株式投資の醍醐味は、やはり値上がり益だろう。 例えば、トヨタとパナソニック(旧松下電器産業)が上場したのが1949年。このときに買った株を現在まで保有すれば、当初投資額の数万倍、さらに、ホン…

つづきを見る

大富豪しか相手にしていなかったゴールドマン・サックスが「庶民向け銀行」を開設した意図

貧困問題に取り組むNGO『オックスファム』は、最新の報告書で、世界のわずか62人の富豪が、最貧層35億人分と同じだけの富を所有していると公表した。 その62人を相手にしている「投資銀行の中の投資銀行」と呼ばれるゴールドマン・サックス(GS)が、米国で一般個人向けのオンライン銀行を開設した。米金融界では「GSが1%の富裕…

つづきを見る

Forbidden City

世界屈指の投資家が予言「中国でもサブプライムローン破綻が起きる」

4月22日に“世界三大投資家”の一人であるジョージ・ソロス氏が、中国経済に対して厳しい発言をして話題になった。 ソロス氏は40年以上にわたって投資で成功し続けている人物。1992年にイギリス政府の為替介入に対し、イギリス通貨のポンドの空売りをし続け、15億ドルとも言われる利益を得たことで一躍有名になった。このことで“イ…

つづきを見る

配当目当ての株式取引に潜む「罠」と利回り率を上げる方法

以前に、株式取引で堅実に利益を上げるためには、配当金を元にした利回りの算出が重要だと書かせていただいた。 そこで今回は、配当金が高い株に潜む罠と、配当金による利回りに別の要素を加えることで利回り率を上げる方法があることをご紹介しよう。 株式取引に関わらず、投資という行為には、ハイリスクハイリターンの原則から、高い配当の…

つづきを見る

株で堅実に利益を出すために重要な「着眼点」

オンライントレードのできる証券会社が増え、株式取引が身近な存在になって久しい。 株式取引や外国為替取引のFXは、急騰や暴落がニュースになりやすいため、どうしてもハイリスクハイリターンというイメージがついて回る。 しかし、堅実に利益を出す株のやり方もあるのだ。 株主が得られる最も重要な権利は、利益の配当だ。会社は毎年決算…

つづきを見る