文春砲

『マンウィズ』不倫メンバーをファンが擁護!「こちとら音楽が好きなんで」

人気ロックバンド『MAN WITH A MISSION』が5月19日、公式サイトを更新。『文春オンライン』によって不倫が報じられたメンバー・Kamikaze Boyの活動自粛を発表した。 公式サイトでは、《このたびの当メンバーBass/Kamikaze Boyに関する報道を受けまして、当面の間、当メンバーの活動を自粛さ…

つづきを見る

木下ほうか“性加害”報道が出川哲郎に飛び火! 掘り返される芸能界の闇

俳優・木下ほうかが〝性加害〟の立場にあったことを3月23日配信の『文春オンライン』が報じ、ネット上で物議を醸している。 記事によると木下は、複数の女優への性加害疑惑が報じられた榊英雄監督が開催したワークショップに、講師ではないのに顔を出していたという。 そして、若手女優のH子さんを自宅に呼び出し、2人で台本読みをした後…

つづきを見る

浜辺美波“水着解禁”も…写真集の爆死確定?「買うのやめます!」

9月21日、『文春オンライン』が俳優・浜辺美波の〝合鍵交際〟疑惑を報道。国民的俳優の熱愛報道に、ファンから阿鼻叫喚の声が続出しているようだ。 報じられたのは、浜辺とポップユニット『まるりとりゅうが』のメンバーであるRyugaの合鍵交際。「文春オンライン」によると、今年6月にRyugaは浜辺の愛犬をリュックサックに入れ、…

つづきを見る

小沢健二に“不倫疑惑”浮上! 深夜のホテル密会で弁明の余地なし?

歌手の小沢健二がカリスマシンガー・PORINと深夜のホテルで〝密会〟していたことを、6月30日付けの『文春オンライン』が報じ、話題になっている。 小沢は2012年12月に、映像作家や写真家として活躍するエリザベス・コールさんとの結婚を発表。夫婦の間には凜音(りおん)くんと天縫(あまぬ)くんの2人の息子がいるが、小沢は2…

つづきを見る

二宮和也の“コロナ禍帰省”に擁護の声! 記者の矛盾行動が物議

『嵐』のメンバーで俳優の二宮和也が緊急事態宣言下に〝妻の実家〟に里帰りしていたと、6月23日付けの『文春オンライン』が報じ、話題になっている。 記事によると二宮は、6月18日から二泊三日で、妻と生後3カ月の愛娘を連れ、妻の実家がある秋田県秋田市に里帰りしたという。現地では娘を実家に預けると、2人きりでドライブデート。都…

つづきを見る

『週刊文春』は必要悪? 世の中を動かす報道姿勢に「新聞より信頼できる」

ゴシップやショッキングな事件をいち早く報道する『週刊文春』。毎日記事が投稿される『文春オンライン』でスクープを取り上げており、同サイトがキッカケで公になった事件も少なくない。 北海道旭川市で、とある女子中学生が行方不明になり、その後遺体で見つかった「旭川14歳女子凍死事件」。ショッキングな内容だが、事件当初は全くメディ…

つづきを見る

なぜ“紀州のドン・ファン”ばかり…「旭川14歳女子凍死事件」との差に怒り声

『週刊文春』の報道によって明るみとなった、北海道旭川市の女子中学生が凍死自殺した「旭川14歳女子凍死事件」。凄惨極まるこの事件が、「TVニュースで扱われていないのでは」と賛否を呼んでいる。 同事件は今年3月、当時中学2年の女子生徒が公園で凍死しているのが見つかった事件。「文春」は、この背後に女子生徒への壮絶なイジメがあ…

つづきを見る

山尾志桜里議員“不倫相手”の元妻が自殺…「殺したも同然」と非難殺到

2017年、弁護士・倉持麟太郎氏との不倫騒動で世間を賑わせた現・国民民主党の山尾志桜里衆院議員。そんな彼女に関する黒い事実が『文春オンライン』によって報じられ、再びネット上で話題を呼んでいる。 「文春オンライン」が報じたのは、国会議員が持てる〝JRの無料パス〟に関する情報。この無料パスは公務出張といった議員活動にのみ利…

つづきを見る

まさに女性の敵!“電通マン”の多重不倫報道に批判殺到「不誠実で身勝手」

さまざまなウワサが飛び交い、何かと話題を呼んでいる日本最大手の広告代理店『電通』。そんな同社に勤める既婚男性社員の悪事を『文春オンライン』が報じ、ネット上で批判の声が殺到している。 「文春」が報じたのは、男性社員の不倫に関するもの。この男性社員は婚活アプリを用いて、同時に4人の女性と不倫していた。しかも名前や年齢や経歴…

つづきを見る

「旭川14歳女子凍死事件」が胸クソすぎ…ネット上に加害生徒の情報流出?

14歳の少女が旭川で凍死―。ショッキングな内容だが、ワイドショーでは、ほとんど取り上げられない。 未来ある少女が自ら命を絶ったこの事件。注目を集めたのは、『文春オンライン』が4月15日に更新した『「娘の遺体は凍っていた」14歳少女がマイナス17℃の旭川で凍死 背景に上級生の凄惨イジメ』という記事がキッカケだ。記事内では…

つづきを見る