日本沈没 ―希望のひと―

最終回で一気にクソドラマに…酷すぎて炎上したドラマ4選

一番盛り上がるはずの最終回がグダグダで、一気に評価を落とすドラマが多い。今期のドラマでは『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(日本テレビ系)がまさにそれに当てはまる散々なものだった。過去に最終回が炎上したドラマを紹介していこう。 まずは2020年の柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)。最終回直前の第…

つづきを見る

『ウチカレ』『日本沈没』に酷評の嵐!豪華キャストも「深みなし」「クソドラマ」

放送前は大きな期待が寄せられていたものの、実際は全然面白くなかった…というガッカリドラマは多い。2021年のガッカリドラマを紹介していこう。 まずは、菅野美穂と浜辺美波が共演した1月期ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)。この作品で4年ぶりドラマ復帰となる菅野が主演で、共演には浜辺のほか、沢村一樹、…

つづきを見る

クソドラマ認定!?『日本沈没』最終回に批判殺到「視聴者バカにしてる」

12月12日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)第9話・最終回が放送された。モヤモヤが残るラストに、ネット上では批判が殺到している。 ドラマの原作は、1973年刊行の小説家・小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマでは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経…

つづきを見る

『日本沈没』最終回で“不倫妻”が不幸に…「因果応報」と歓喜の声

12月12日、俳優・小栗旬主演の連続ドラマ、日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)第9話・最終回が放送された。視聴者からは「不倫はダメだとわかった」などと、制作側の意図とは別のメッセージを受け取る声が相次いでいる。 原作は、1973年刊行の小松左京による名作小説『日本沈没』。ドラマはこれに大きくアレンジを加え、…

つづきを見る

『日本沈没』にシラケ声!? 最終回で“沈没回避”か…「重さが感じられない」

俳優・小栗旬主演の連続ドラマ、日曜劇場『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)第8話が12月5日に放送。平均世帯視聴率が13.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。 原作は、1973年刊行の小松左京による名作小説『日本沈没』。ドラマはこれに大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境…

つづきを見る

『日本沈没』また素人が出演! フザけすぎキャスティングに怒り「質が下がる」

12月5日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)第8話が放送された。またまた同作に〝素人〟が出演し、視聴者から呆れ声があがっている。 ドラマの原作は、1973年刊行の小説家・小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマでは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産…

つづきを見る

『日本沈没』乃木坂46メンバーに見せ場が!「大活躍」「めっちゃ喋るやん」

12月5日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)第8話が放送された。久々登場のキャラクターに、アイドルファンが歓喜していた。 同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(…

つづきを見る

『日本沈没』キャスティングに呆れ声殺到「視聴者舐めてんのか」

11月28日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)第7話が放送された。サプライズキャストにネット上では「安っぽい」などと冷めた声があがっている。 同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗…

つづきを見る

『日本沈没』高視聴率も酷評続出のワケ「惰性でチャンネル合わせてる」

俳優・小栗旬が主演の連続ドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)第7話が11月28日に放送。平均世帯視聴率が15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。 同作は、1973年に刊行された小松左京による「日本沈没」が原作。大きくアレンジが加えられ、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示…

つづきを見る

『日本沈没』小栗旬と杏の“イチャイチャ”にドン引き「誰も求めてない」

11月21日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)第6話が放送された。強引な恋愛展開に冷めた声があがっている。 同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ…

つづきを見る