日本

藤澤五月「無理やりもぐもぐ」イチゴ強制されていた!?

平昌五輪のカーリング女子で銅メダルを獲得した『LS北見』の選手5人が、3月21日に地元の北海道北見市でおこなわれた祝賀パレードに参加した。この日は最低気温が氷点下13度と厳しい冷え込みだったが、地元出身者の快挙を称えようと、市発表で約1万2000人が沿道に詰め掛けた。 「すっかり人気者となったLS北見のメンバーたちです…

つづきを見る

盗用被害!もぐもぐタイムで話題の「韓国産イチゴ」起源は日本

平昌五輪で日本のカーリング史上初のメダルを獲得した女子カーリングチーム。彼女たちはハーフタイムに摂っていた軽食の“もぐもぐタイム”中、おいしいと絶賛されたのが韓国産のイチゴだ。 日本産イチゴは年々輸出額を伸ばしており、2016年には約11.5億円に達している。2011年度の約1.8億円と比較すると、5年間で約6.4倍に…

つづきを見る

オリンピックは将来「アジアの持ち回り」になる!?

平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルに輝いた小平奈緒選手の所属先は、長野県松本市にある地域医療を担う総合病院の『相澤病院』だ。同病院の小平への援助費は年間で1000万円に達する。 同じく平昌五輪でアルペンスキー女子大回転に出場した石川晴菜選手も、石川県金沢市にある『木島病院』に所属している。2016年…

つづきを見る

「椅子の高さ」で日本を非難した韓国メディア

アメリカのNBCテレビは、平昌五輪開会式の中継での発言で批判を浴びたジョシュア・クーパー・ラモ氏がコメンテーターから降板したと発表した。 「ラモ氏は開会式の中継で、日本が1910年から1945年にかけて韓国を統治した歴史を説明した上で、『韓国が発展していく上で日本が文化的、技術的、経済的に重要な手本となっているとすべて…

つづきを見る

外国人留学生にとって「夢の国」とはとても言えない日本

人手不足が深刻なコンビニエンスストアの店員。最近ではベトナムやネパールからの留学生がそれを補っている。 セブンイレブンでは東京都内店舗で働くアルバイトの2割が外国人だ。留学生バイトの人数を国籍別で把握しているローソンによると、中国人に次いでネパール人、ベトナム人の順で数が多いという。8000人を超える外国人バイトの8割…

つづきを見る

江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯

全自動コンパクトカメラのことを“バカチョンカメラ”と呼んだのは、1980年代までで、その後は差別用語として分類され、現在は放送禁止用語になっている。 三省堂の『大辞林』によると『チョン』は、句読点など以外に《事件はあっけなくチョン(終わり)になった》や《人員整理でチョン(クビ)だよ》とある。また“バカだのチョンだの”と…

つづきを見る

中東で輸入禁止になった「キッコーマン醤油」の余波

昨年、アラブ首長国連邦(UAE)の気候変動・環境省が、キッコーマンの醤油の輸入を禁じた。イスラム教で飲酒はタブーだが、イスラム教を国の宗教とするUAEも特別な許可を受けた店舗や外国人が利用するホテルやバー以外でアルコール類を売ることを禁じている。そのアルコールがキッコーマンの醤油から検出されたのが、輸入禁止の原因だ。 …

つづきを見る

サンフランシスコ市の慰安婦像建設を巡る「怖い噂」

慰安婦問題の“日韓合意”を巡って両国が騒々しくなっている。その際に焦点のひとつとなったのが、ソウル特別市にある在韓日本大使館前の歩道上に設置された国際法違反の慰安婦像の撤去だ。それにもかかわらず、その後、韓国はもとよりアメリカ、カナダ、オーストラリア、中国、ドイツに次々と慰安婦像が設置された。背後にいる勢力は韓国の団体…

つづきを見る

広辞苑に記載された「台湾は中国の一部」に抗議殺到

岩波書店が発刊している『広辞苑』が《台湾は中国の省の1つ》と記載していることに対し、複数の在日台湾関係諸団体が抗議をおこなった。また、台湾のメディアもこのことを報道したことから、台湾の人々も抗議の声を挙げている。 台湾および在日団体が“全くの誤り”としている広辞苑の記載は、以下の3点だ。 「台湾」の項目における《194…

つづきを見る

世界記憶遺産に登録された「朝鮮通信使」の呆れた実態

10月31日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が重要な歴史文書などを認定する『世界の記憶』(世界記憶遺産)に、日本国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料『朝鮮通信使に関する記録』を選んだ。群馬県の古代石碑群『上野三碑(こうずけさんぴ)』も登録される。 「『朝鮮通信使』は、朝鮮国王が日本の徳川将軍家に派遣した使節団…

つづきを見る