映画

横浜流星に称賛! 実写版『嘘喰い』原作改変を阻止「サンキュー」「助かる」

度重なる原作改変で、公開前からファンを落胆させている実写映画『嘘喰い』。同作に、新たな原作改変要素が明らかになったのだが、主演の横浜流星がファインプレーを見せたという。 「嘘喰い」の主人公は、どんな嘘も見破る天才ギャンブラー・斑目貘(横浜)。彼が、謎の組織「賭郎」が取り仕切る〝闇のギャンブル〟に身を投じ、凶悪なイカサマ…

つづきを見る

金ロー『新解釈・三國志』に大ブーイング「ギブアップ」「見るに耐えない」

1月21日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、映画『新解釈・三國志』を地上波初放送。映画公開時から批判ばかりの同作だったが、今回も視聴者から酷評が殺到していたようだ。 「新解釈・三國志」は、コメディー作品の巨匠・福田雄一監督が、歴史エンターテインメント「三国志」にギャグ要素を織り交ぜて全く新しい解釈で描いた作品…

つづきを見る

日本アカデミー賞にアニオタ激怒!「流石に疑問」「結局はテレビ局絡み」

今年で45回目の開催となる『日本アカデミー賞』。3月11日の授賞式に向けて、各賞の優秀賞が発表されたのだが、その結果にアニオタが激怒しているようだ。 話題を呼んでいるのは、「優秀アニメーション作品賞」にノミネートされた作品たち。『劇場版 呪術廻戦 0』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』といった令和を代表する大ヒット作に…

つづきを見る

実写版『嘘喰い』は爆死確実!? ホラー監督のエンタメ映画が大コケする理由

漫画家・迫稔雄による大人気漫画を実写化した映画『嘘喰い』が、2月11日に全国公開される。度重なる原作改変が不評の同作だが、その原因は中田秀夫監督にあるのではないかと囁かれている。 同作は正体不明の天才ギャンブラー・斑目貘が、日本の財政界を牛耳る闇組織・賭郎に挑むストーリー。『週刊ヤングジャンプ』で2006年から17年ま…

つづきを見る

声優・緒方恵美の代表作は『呪術廻戦』なのか!?『エヴァ』超え確実で悲鳴

昨年12月24日に公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』。公開直後から興行収入を伸ばし続けている同作に、『エヴァンゲリオン』シリーズのファンがザワついているという。 「呪術廻戦 0」は、作者・芥見下々が『呪術廻戦』本編を連載する前に発表した漫画『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』が原作。アニメ版には本格的に登…

つづきを見る

マンネリ化!? 映画『コンフィデンスマンJP』最新作に「ワンパターン」

大人気ドラマの劇場版最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』が、1月14日より全国で始まった。人気タイトルということもあり、興行収入などは好調なものの、劇場に足を運んだファンからの反応はあまりよくないようだ。 同作は天才コンフィデンスマンのダー子(長澤まさみ)が、仲間のボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)ら…

つづきを見る

元『乃木坂46』生田絵梨花のキスシーンにファン絶望「見たくない」「泣くぞ」

俳優・長澤まさみが主演を務める大ヒットドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。その劇場版最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開が、1月14日から全国で始まった。同作には元『乃木坂46』生田絵梨花も出演しており大きな話題を呼んでいるが、キスシーンがあるようで、ネット上に悲鳴が続出している。 「コンフィデ…

つづきを見る

テレ東『ユージュアル・サスペクツ』放送に大反響!「大どんでん返しの名作」

映画ファンを唸らせる作品をお昼過ぎに放送している、テレビ東京の『午後のロードショー』。1月12日には映画『ユージュアル・サスペクツ』が放送され、ネット上で大きな反響を呼んでいた。 同作は、1995年に公開されたクライムサスペンス映画。ある日、カリフォルニア州の港でマフィアの密売船が爆発する事件が発生し、船に積まれた大金…

つづきを見る

田中圭の映画『女子高生に殺されたい』に批判「タイトルが…」「無理そう」

漫画家・古屋兎丸による作品『女子高生に殺されたい』の映画化が決定。しかし、主に女性からタイトルに対して批判の声が上がっている。 古屋といえば、『ライチ☆光クラブ』や『帝一の國』などで知られる人気漫画家。卓越した発想力や多彩な作風で、一部の読者から熱狂的な支持を集めている。「女子高生に殺されたい」は、女子高生に殺されたい…

つづきを見る

Kōki,の俳優デビュー作は爆死確定? 映画未出演で映画賞受賞の実力は…

俳優・木村拓哉と歌手・工藤静香の次女でモデル・Kōki,の俳優デビュー映画『牛首村』の新ビジュアルが公開された。 同映画は『犬鳴村』『樹海村』に続く、『恐怖の村』シリーズの第3弾。北陸に実在する心霊スポット・坪野鉱泉をテーマに、〝牛首村〟にまつわる秘密と忌まわしい風習が描かれる。Koki,は17歳の女子高校生・奏音役で…

つづきを見る