昭和

伝統的な海女漁を現代に伝える「官能的」お土産

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル26【海女さんのおみやげ】~ 5月、千葉県南房総市白浜などでは早くも海女さんによる素潜り漁が解禁されます。4年前のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍脚光を浴びた海女さんですが、あれほど脚光をあびたにもかかわらず、伝統的な海女漁は後継者不足で、もはや絶滅寸前です。 それにして…

つづきを見る

「怪獣をかぶる」という斬新な発想のおもちゃ

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル25【三栄貿易 怪獣ボーシ】~ 日増しに陽射しが強くなってきました。お肌の紫外線対策は、盛りの7、8月だけすればよいのではなく、急激に紫外線が増えてくる5月から始めた方がいいそうです。というわけで、お出掛けには帽子をお忘れなく。 そういえば、昔の日本映画が好きでよく見るのですが、…

つづきを見る

金型ひとつで3種類!業界伝説の名作「コイのプラモデル」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル24【ナカムラ およぐひごい】~ 5月5日は『端午の節句』。現在は地域のゴールデンウィーク行事や、商店街の飾りなどでしか見かけなくなった鯉のぼりですが、かつては、男の子のいる比較的裕福な個人宅が軒先や庭先にハタ竿をたてて、豪華な鯉のぼり自慢をしていたものです。 いや、その頃は鯉の…

つづきを見る

キュートすぎる!「つちのこ」で一攫千金を狙ったソフビ人形

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル23【エムエス つちの子】~ 毎年5月3日は岐阜県の東白川村で『つちのこフェスタ』が開催されています。『つちのこ』は胴の中央部が膨れたヘビのような形をしていて、数メートルもジャンプすると言われている日本を代表するUMA(未確認動物)です。 東白川村でのつちのこ獲得賞金は、なんと1…

つづきを見る

平和の象徴として拝みたくなる「昭和のアイコン」的科学玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル22【水飲み鳥】~ 4月29日は『昭和の日』です。2007年に制定されたばかりの祝日で、激動の時代を生き抜いた昭和天皇の誕生日です。 “昭和”と聞いて、まず私が思い浮かべる玩具が今回ご紹介する『水飲み鳥』です。1960~1970年代にかけてアイデアショップなどで売られていました。…

つづきを見る

もうお給料入った?昭和の父「権力の象徴」を茶化す駄玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル21【玩具 月給袋】~ 4月末日…新入社員にとっては初給料の支給日。うれしいものですよね。口座振込による支給が当たり前になってから久しいですが、ATMが一般に普及する1980年代半ば頃までは、給料はもちろん手渡しでした。 札束が入った給料袋を手にするのって、口座に振り込まれた金額…

つづきを見る

【これはひどい】昭和の「駄プラモデル」悪ノリぶりに思わず脱帽

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル20【アリイ 鹿のフン】~ 観光にうってつけの季節となりました。ゴールデンウイークには野生の鹿と直接触れ合えることで名高い奈良公園なんていかがでしょう? 5月頃は子鹿と母鹿が親交する姿を見ることができるそうです。 ところで奈良公園の様子を歌にした『奈良の春日野』という楽曲があるの…

つづきを見る

精巧なフィギュアにはないよさ教えてくれる「駄コング」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル19【ヨコタ キングコング当て】~ 先日、話題の映画『キングコング 髑髏島の巨神』を見てきました。最新のCG技術で描かれたリアルで迫力ある映像には、正直度肝を抜かれました。大人の私だってびっくりするほどリアルなのだから、子供が見たら現実か虚構なのか判断できないのではないでしょうか…

つづきを見る

キングコングも影響された?廃物飛行機を利用した脱出映画の名作

映画評論家・秋本鉄次が往年の名作傑作を探る『昔の映画が出ています』 作品目『飛べ! フェニックス』 アメリカ/1965年 監督/ロバート・アルドリッチ 出演/ジェームズ・スチュアートほか 春休み&ゴールデンウィーク映画大作の中では一番の面白さ! と僕も吹聴しまくっているのが『キングコング 髑髏島の巨神』。以前に新作紹介…

つづきを見る

新素材とキャラクターで子供たちを魅了した「新感覚文具」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル18【サンスター ビニパス】~ 4月になると無性に新しい文具が買いたくなります。進学・入学時に文具を買いそろえた名残でしょうか。いまだにキャラクターの絵がついたボールペンなんかをつい、買ってしまいます。使ってないボールペンがたくさんあるんですが(笑)。 そんな私が小学生のときに買…

つづきを見る