未来

5720年の未来から交信が!“超放送事故”に見舞われたラジオ番組に鳥肌…

タイムトラベルの〝完全な証明〟とも言えそうな事件が起きた。未来からやって来たと思われるタイムトラベラーが、ひょんなことからイギリスのラジオ生放送をジャック。会話がかみ合わず、現代人がパニックになる様子が収められた。 YouTube専門のオカルトチャンネル『ApexTV』に、イギリスのあるラジオ局が放送したものだとして、…

つづきを見る

科学的に検証された「2億年後の地球」驚くべき姿

――500万年~2億年後、地球上にはもはや人類の姿はなく、そこに生きていたのは驚異の生物たちだった。地表のほとんどが氷に覆われた未来の地球上には、クジラ並に巨大化したペンギンや、翼を広げると1.3メートルになる巨大コウモリが空中を飛び交い、強靭な牙で獲物を食い殺している――。 現代社会に生きるわれわれにとっては、にわか…

つづきを見る

暗黒の未来『宅配ドローン』は重さ15kg!墜落よりもっと怖いのは…

以前「自動車の完全自動運転にまつわる危険性」をお伝えしたが、今度はネット通販大手のAmazonジャパンが「ドローン宅配」の実用化を急いでいるらしい。既にイギリスではドローン宅配の試験運用が始まり、日本でも限定的な試験飛行を経て、一説によれば「解禁は目前」とも言われているが、やはり安全性には相当問題があるようだ。 例えば…

つづきを見る

鎖

まさに悪夢!自動車の「自動運転化」に隠された「超管理社会」の陰謀とは?

いま日本を含めた先進諸国で「自動車の完全自動運転化」が急ピッチで推し進められているそうだ。しかし今年の3月にはアメリカの公道で試験走行中の『ウーバーテクノロジーズ』の自動運転車が、史上初めて自動運転による人身死亡事故を引き起こしたことから、世界中で大きな波紋が広がっている。   日本でも約6割の国民が「完全自動運転に反…

つづきを見る

人工知能「見えるのは人々が死ぬ姿だけ」恐怖の予言に戦慄

近年、AI(人工知能)の技術向上が著しい。iPhoneに搭載されている『Siri』は多くの人の身近にあるAIだ。「Hey, Siri」と話し掛けることで起動し、例えば「あしたの7時に起こして」などと頼めば、その時間に目覚ましのアラームをセットしてくれる。 また、AIを搭載したスマート・スピーカーも、日本の一般家庭でも徐…

つづきを見る

信じる者は救われる?先走る「人間と機械の融合」に隠された裏の顔

高度に進化したAIが社会に大きな変革をもたらす『シンギュラリティ』という近未来の科学概念が、いま注目を集めている。これを世に広めた第一人者がアメリカ人発明家『レイ・カーツワイル』だ。彼は「AIの急速な進歩で2045年までに人間は機械と融合し、神のような存在となり、不老不死になる」との予測を、自身の著書に書いているが、果…

つづきを見る

人類の滅亡まであと80年!? 密かに進行する「6度目の大量絶滅」

地球は過去、氷河期や火山の噴火、そして巨大な隕石の衝突により5度に渡る大量絶滅を経験してきた。しかしアメリカの専門家チームによれば、何と現代において「6度目の大量絶滅が進行中」※とする、衝撃の研究結果を発表したのだ! その大きな原因は意外なことに「地球上で余りに増えすぎた人間にある」という。例えばニュージーランドには元…

つづきを見る

タイムトラベラー「2030年に大戦争」と未来を明かす

うそ発見器によるテストをパスしたタイムトラベラーのノア氏が再び“爆弾発言”をした。 2030年からやってきたと自称するノア氏は、YouTubeで動画を公開している『ApexTV』のインタビューを受ける形で、自身の“体験”を明かしている。前回同様に顔にはモザイクが掛かっているが、自信満々に未来を語っている。 前回の爆弾発…

つづきを見る

これは怖い!昔の映画で描かれた近未来が現実に!

北朝鮮による度重なるミサイル攻撃、安倍政権による一方的な『共謀罪』の押し付け、世界各地で続発するテロ事件…。そのほかにも宗教紛争、食料危機、エネルギー問題、地球温暖化、人工知能の飛躍的発達などなど、日々のニュースに耳を傾ければ、世界は“ディストピア”(ユートピア(理想郷)とは逆の社会)、そして“ポストアポカリプス”(終…

つづきを見る

AIの発達で人類がロボットに支配される可能性はどれくらい?

ドイツの日刊新聞『ヴェルト』が《AI(人工知能)は100万人の雇用を消滅させる》と報じた。同じくドイツの週刊誌『シュピーゲル』の電子版は《ロボットは仕事を食ってしまう》と報道するなど、AIのもたらす“恐怖”をあおっている。 確かにAIは、病気で会社を休まないし、出産休暇も夏季休暇も必要なく、しかも昼夜を問わずに働き続け…

つづきを見る