未来

これは怖い!昔の映画で描かれた近未来が現実に!

北朝鮮による度重なるミサイル攻撃、安倍政権による一方的な『共謀罪』の押し付け、世界各地で続発するテロ事件…。そのほかにも宗教紛争、食料危機、エネルギー問題、地球温暖化、人工知能の飛躍的発達などなど、日々のニュースに耳を傾ければ、世界は“ディストピア”(ユートピア(理想郷)とは逆の社会)、そして“ポストアポカリプス”(終…

つづきを見る

AIの発達で人類がロボットに支配される可能性はどれくらい?

ドイツの日刊新聞『ヴェルト』が《AI(人工知能)は100万人の雇用を消滅させる》と報じた。同じくドイツの週刊誌『シュピーゲル』の電子版は《ロボットは仕事を食ってしまう》と報道するなど、AIのもたらす“恐怖”をあおっている。 確かにAIは、病気で会社を休まないし、出産休暇も夏季休暇も必要なく、しかも昼夜を問わずに働き続け…

つづきを見る

会社が雇った人工知能があなたに「クビ」を宣告する時代がやってくる

先ごろアメリカのテキサス州で起きた白人警官狙撃事件で、ダラス市警は狙撃犯とみられる容疑者を“ロボット爆弾”によって殺害した。 ダラス市の緊急事態に備えた機材一覧表によると、このロボットは米軍事産業大手ノースロップ・グラマン社の『アンドロス』ではないかとみられている。 いまや、軍隊や警察にとってロボットは必要不可欠な“人…

つづきを見る

タイムスリップした米国人男性がすべてを語った・2079~2749年の地球

西暦2079年の世界にタイムスリップして、2年を過ごした男がすべてを語った。1927年生まれの米国人男性、アル・ビーレック氏は2173年を6週間、2079年を2年間生きたと主張している。 オカルト研究家は「アル氏がこれまで記憶していることをポツポツ語ってきているんですが、驚くべきことに彼が語った後、気候変動など数々の出…

つづきを見る