未解決事件

9人が怪死『ディアトロフ峠事件』を60年後に再調査する理由?

ロシア検察は去る2月1日、1959年にウラル山脈で9人の登山グループが謎の死を遂げた『ディアトロフ峠事件』を再調査していると明らかにした。 9人のハイカーが雪の山中で奇妙な死に方をしていたこの事件は、当初ただの遭難とみられていたが、その後の調査で次々と不審な点が発覚。「宇宙人の襲撃にあった」「核兵器実験による被爆」「雪…

つづきを見る

恐怖の残虐雪山ミステリ「ディアトロフ峠事件」の背後にある闇

1952年2月2日に旧ソ連のウラル山脈北部で起きた『ディアトロフ峠事件』は、いまだその真相が明らかにされていない“怪奇事件”として、60年たった今でも、登山者の間で語り継がれている。 現在のウラル工科大学の在学生、および卒業生の男女9人がスノートレッキング中に不可解な死を遂げた。パーティーはマイナス30℃という極寒の中…

つづきを見る