『日本沈没』小栗旬と杏の“イチャイチャ”にドン引き「誰も求めてない」

11月21日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)第6話が放送された。強引な恋愛展開に冷めた声があがっている。 同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作『日本沈没』。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ…

つづきを見る

『日本沈没』船のシーン“全カット”にツッコミ殺到「雑すぎ」「予算が…」

11月14日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第5話が放送された。不自然なシーンのカットに、視聴者からツッコミの声があがってしまった。 同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作「日本沈没」。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、…

つづきを見る

『日本沈没』小栗旬と杏の“大迷惑行為”に批判殺到「邪魔すぎる」「自己中」

11月14日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第5話が放送された。メインキャラの2人が「迷惑すぎる」と大ブーイングを受けている。 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤…

つづきを見る

東出昌大の“プライベート写真”にアンチも感嘆「身長と顔にステータス全振り」

唐田えりかと不倫の末に杏と離婚するも、この秋には新恋人が発覚するなど、留まるところを知らないプレイボーイぶりを見せつけている俳優・東出昌大。一体、なぜここまで週刊誌を騒がせるのか、その理由の一端が見えてきた。 「根底にあるのは東出の不貞・クズっぷりとみなぎる性欲ですが、それが続々とマスコミにバレるのにはもうひとつ理由が…

つづきを見る

『THE夜会』櫻井翔ファン悲鳴! 杏のプレゼントに憶測「子どもおるんか?」

俳優の杏が、11月4日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。『嵐』櫻井翔に手渡したプレゼントがあらぬ憶測を呼んでいる。 地震で一部延期になった杏の出演回を改めて放送。この日は新たに、杏が有吉弘行、櫻井にお土産を渡すシーンが放送された。 杏は「お土産を持ってきたんですけど…。パズルとかって(やりますか)?」と…

つづきを見る

『TOKIOカケル』杏の“弱点”に親近感「意外」「友達になりたい」

10月20日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に俳優の杏が出演。自らの弱点を明かして視聴者を驚かせた。 杏は1日のスケジュールを公開。午前6時に起床して朝支度、仕事、夕食の準備、寝かしつけと、子どもの世話をした上で、子どもが寝静まった午後10時から午前1時までは自分の時間を設け、英語とフランス語の勉強をするなど…

つづきを見る

『日本沈没』杏が小栗旬と不倫? 禁断ネタに視聴者がざわめき「それはアウト」

10月17日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第2話が放送された。この回で、俳優の杏に〝禁断のネタ〟をぶち込んだとして物議を醸している。 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産…

つづきを見る

『日本沈没』小栗旬も杏も棒演技…「飽きてくる」「さめる」と酷評飛び交う

10月17日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第2話が放送された。ネット上では、登場キャストほぼ全員の〝演技〟に酷評の声があがり始めている。 原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、…

つづきを見る

東出昌大“養育費問題”はどこへ? 熱愛報道にドン引き「杏は離婚して正解」

俳優・東出昌大が10月13日付の『文春オンライン』で、20代女性と〝マンション通い交際〟していると報道され、ネット民をドン引きさせている。 記事によると交際相手のA子さんは20代後半で、米国人の父親と日本人の母親を持つ滝沢カレン似のハーフ女性。普段は東京・丸の内で外国人相手に接客するOLをしているという。東出は出会って…

つづきを見る

『オールスター感謝祭』ザコシ&もう中のタッグに酷評殺到「つまらない」

10月9日生放送の『オールスター感謝祭’21秋 30周年超特別版』(TBS系)で、ピン芸人のハリウッドザコシショウと、もう中学生が異色のコラボ芸を披露。独特の世界観で人気の2人だったが、ネット上では「普通につまらない」と酷評が相次いでいるようだ。 ゲストの俳優陣を90秒以内に一発芸で笑わせるというコーナーで…

つづきを見る