東京五輪

東京五輪に野球が追加されても大谷翔平は出場できない…?

東京五輪の追加種目に野球とソフトボールが決定したとしても、野球には大問題が起こりそうだ。 2020年の野球日本代表『侍ジャパン』で、投打の中核として期待される大谷翔平(21=北海道日本ハムファイターズ)を、代表に選ぶことができない可能性があるという。 「世界的に見て競技者人口が少ない野球とソフトボールは、追加種目になる…

つづきを見る

金本阪神がカギを握る東京五輪開催年のプロ野球人気

6月6日に日本野球機構(NPB)の理事会と12球団実行委員会が開かれた。主な議題は2020年の東京五輪の関連事項だった。 新国立競技場に隣接する神宮球場が使用できなくなること、野球・ソフトボールが追加種目に当確した際の施設問題などの問題が整理され、井原敦事務局長の口から、「そういう選択肢もある」と、ペナントレースを中断…

つづきを見る

かつての東京五輪時代に活躍していた電車が続々リバイバル

東京のローカル鉄道に、1964年の東京五輪の時代に活躍していた電車が続々と復活している。 まず、最初に始めたのが東武鉄道だ。 東武鉄道は3月23日から亀戸線(亀戸―曳舟間3.4km)で、1958~64年ごろまで走っていたオレンジ色の車体に黄色の帯をつけたリバイバルカラー電車の運転を開始した。これを記念して、『下町の魅力…

つづきを見る

東京五輪へ向けた都心の「高層 ビル建設ラッシュ」に不安の声

先ごろ起こった熊本地震に続き、首都圏直下型地震が懸念されるなかで、東京五輪・パラリンピックが開かれるまでの5年間は、東京都心ではオフィスや商業施設などを集積した高層ビルの建設予定が目白押しになっている。 20階建て以上の高層ビルだけで51件あり、そのうちの8割は千代田、中央、港、新宿、渋谷の都心5区が占めている。 「建…

つづきを見る

王貞治が活躍した東京五輪エンブレム決定会議の裏側

2020年東京五輪パラリンピックの新しい公式エンブレムが4種類の候補の中から『作品A 組市松紋(くみいちまつもん)』に決まった。 4月25日午後3時の発表と同時に、会場で驚きの声が上がったのは既報通りだが、それでも選考委員が動じなかったのは、王貞治氏(75)のおかげだったという。 王氏は新エンブレムを決める選考委員に名…

つづきを見る

新国立競技場「聖火台」問題で責任のなすりあい

東京五輪・パラリンピックでまたもや問題が浮上した。 メーンスタジアムとなる新国立競技場に聖火台の置き場がないことが発覚したのだ。 「建築家の隈研吾氏の設計では木材がふんだんに使われています。屋根に聖火台をのせるとなれば、消防法上の問題があり、競技場の外に置くとなると、国際オリンピック(IOC)のルールに反します」(JO…

つづきを見る

東京五輪のための羽田空港容量拡大策に「都心大惨事」の危惧

2020年東京オリンピック開催にあたり、様々な経済効果が期待されている。だが、この東京五輪には“負の遺産”が重くのしかかっている。 そのマイナス要因は、すでに大問題となっている新国立競技場建設関連が最大のものだが、これを猛追しそうなのが羽田空港なのだ。 政府は五輪の経済効果を錦の御旗に掲げ、20年までに訪日外国人を年間…

つづきを見る

国産の木材で賄えるのか? 新国立競技場建設「仏作って魂入れず」の疑念

昨年12月22日、迷走を続けてきた新国立競技場建設問題がようやく決着した。優先交渉権者として、大成建設、建築家の隈研吾氏、梓設計のA案に決定した。 「旧国立競技場の施工会社も大成建設でしたね。偶然とはいえ、新旧の国立競技場を同じ建設会社が施工するので『出来レースでは?』と穿った見方をする人もいます」(永田町関係者) 最…

つづきを見る

SONY DSC

プロ野球くじ頓挫で「大リーグtoto」誕生か?

「“プロ野球くじ”の売り上げを、東京五輪のメーンスタジアムとなる国立競技場の建設資金に充てるはずでした。事実関係がまだ不透明なので、いまから国会で審議したところで国民の理解は得られないでしょう」(国会議員秘書) 日本スポーツ界で2015年最大の誤算が、プロ野球くじの頓挫だ。 超党派のスポーツ議員連盟が検討を進め、実施は…

つづきを見る

舛添都知事を脅かす猪瀬直樹氏大阪府・市特別顧問就任

突然の一報だった。松井一郎大阪府知事が、猪瀬直樹前東京都知事に大阪府市特別顧問への就任を要請したことで、舛添要一都知事周辺が騒々しくなってきた。 「最初は『次の都知事選の布石か?』という、うがった見方も飛び出したほどでした。しかし、猪瀬氏は公民権停止中の身で、次の2018年の都知事選出場は不可能です。それでも、舛添知事…

つづきを見る