東出昌大

東出昌大・渡部建はまだマシ? 飛び交う“性加害”報道で世論に変化が…

榊英雄に始まり、木下ほうか、園子温、坂口拓、梅川治男など、俳優や映画監督という立場を利用した性加害の告発が相次いでいる。どう考えても性犯罪でしかないゲス極まりない行為の数々が暴かれたことで、あの性スキャンダル者たちが許される風潮が出ているようだ。 それは東出昌大と『アンジャッシュ』渡部建。もはや説明不要の2人の性スキャ…

つづきを見る

東出昌大にキツ~い毒舌!『鬼越』の“放送カット”になった言葉とは…

YouTubeの人気番組『街録ch ~あなたの人生、教えて下さい~』に、お笑いコンビ『鬼越トマホーク』坂井良多が出演。過去にカットされた毒舌ネタについて明かした。 「鬼越」と言えば、コンビ2人で喧嘩を始め、止めに入った相手に2人して毒舌を吐くという流れがお決まり。 パーソナルなことにズバッと切り込むのがウリだが、やはり…

つづきを見る

木下優樹菜と東出昌大はソックリ!? 話題を呼ぶ2人の共通点は…

炎上タレントの木下優樹菜が2月20日、約2カ月ぶりにYouTubeチャンネルを更新。2019年秋に起きたタピオカ騒動後、メンタルが不調だったことを告白したが、ネット上では冷めた声が上がっている。 木下は昨年末に『クリスマスだからケンタッキー爆食いしたよ!』という動画をアップ。そこから、何の告知もなく、YouTubeの更…

つづきを見る

東出昌大“裸一貫”で再出発!?『全裸監督』で体当たり演技に挑戦か…

かねてから独立をウワサされていた俳優の東出昌大が、2月14日、所属事務所『ユマニテ』との契約を解消。年明けに「退所は2月1日付」との報道もあったが、あらためて15日に、事務所の公式ウェブサイトから発表された。 事務所のHPは、《東出昌大についてお知らせいたします。弊社は2022年2月14日をもって東出昌大との専属契約を…

つづきを見る

杏の『Mr.Children』カバーCMが大不評! 元夫・東出昌大が原因か…

今年1月から『ユーキャン』が、俳優の杏を起用した新CMを公開した。しかし、杏の歌声やカバー楽曲の歌詞に、大ブーイングが起こっているという。 「ユーキャン」は今年から、新コンセプトとして「変わる。自分を楽しむ」というキャッチコピーを発表。2021年にもCMで歌声を披露した杏を起用し、新CMを公開した。杏は髪を一つにくくり…

つづきを見る

マンネリ化!? 映画『コンフィデンスマンJP』最新作に「ワンパターン」

大人気ドラマの劇場版最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』が、1月14日より全国で始まった。人気タイトルということもあり、興行収入などは好調なものの、劇場に足を運んだファンからの反応はあまりよくないようだ。 同作は天才コンフィデンスマンのダー子(長澤まさみ)が、仲間のボクちゃん(東出昌大)やリチャード(小日向文世)ら…

つづきを見る

杏に“再婚”の可能性!? 大胆イメチェンに「彼氏の好みかな?」

俳優の杏が1月16日、自身の公式YouTubeチャンネルを更新。髪をショートにしたことを報告し、ファンがザワついている。 杏は、『【Hair cut】髪をバッサリ! 切りました。』というタイトルの動画を投稿。映像内では「今日はですね、いろいろ次の仕事もあるので、この長い髪をバッサリいっちゃおうかと思います」とコメント。…

つづきを見る

杏の“過酷な子育て”に驚き広がる「尊敬しかない」「東出なにしてたんだ」

俳優の杏が『1周回って知らない話&今夜くらべてみました 「芸能人と家族の本音」 初出し4時間SP!』(日本テレビ系)にゲスト出演。子どもを連れて散歩する際の姿を明かしたところ、視聴者が驚がくしている。 杏は『1周回って知らない話』のパートに出演。東野幸治に話を振られ、SHELLYは「どんな子育てしてるんだろう…」と杏に…

つづきを見る

東出昌大の“プライベート写真”にアンチも感嘆「身長と顔にステータス全振り」

唐田えりかと不倫の末に杏と離婚するも、この秋には新恋人が発覚するなど、留まるところを知らないプレイボーイぶりを見せつけている俳優・東出昌大。一体、なぜここまで週刊誌を騒がせるのか、その理由の一端が見えてきた。 「根底にあるのは東出の不貞・クズっぷりとみなぎる性欲ですが、それが続々とマスコミにバレるのにはもうひとつ理由が…

つづきを見る

唐田えりか“体当たり演技”で本格復帰?「完成が楽しみ」と期待の声

俳優の唐田えりかが本格的に俳優復帰する動きを見せ、話題になっている。 唐田は10月上旬から映画『死体の人(仮)』の撮影に参加。同映画は死体役の男の生き様を描くハートフルコメディーで、唐田は主人公の恋人でデリヘル嬢を演じているという。 「東出昌大との不倫発覚後、活動を休止していた唐田でしたが、昨年12月に月刊写真専門誌『…

つづきを見る