松井秀喜

イチロー辞退で『国民栄誉賞』廃止論再び…松井秀喜は今、何を思うのか

元東京都知事の舛添要一氏の言葉が波紋を呼んでいる。舛添氏は4月5日、自身のツイッターで、メジャーのシアトル・マリナーズを引退したイチローが国民栄誉賞を辞退したことに対して、「正解だと思う。私は、もうこの賞は廃止した方がいいという持論である。(中略)権力が利用したがる国民栄誉賞などなくても、イチローは世界のスーパースター…

つづきを見る

相葉雅紀「熱闘甲子園」放送中に野球のレジェンドたちから相手にされず

『嵐』の相葉雅紀が、現在放送中の『熱闘甲子園』(ABC放送)の“スペシャルナビゲーター”に選ばれ、現在番組に出演中だ。 今後、甲子園の終了まで相葉が伝える予定だが、それにしても番組の初回であり甲子園の初日である5日の放送はかわいそうだった。 「初日は、元星稜高校の松井秀喜氏の始球式で始まりました。松井氏は予想に反してワ…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】松井秀喜と内田打撃コーチもう一つの「師弟関係」

球界が清原騒動に揺れる中、巨人軍の宮崎キャンプは盛況を見せている。 高橋由伸(40)が新監督に就任し、松井秀喜(41)が臨時コーチとして帯同。2大スターの競演ともなれば、盛り上がって当然だ。さらに、長嶋茂雄終身名誉監督も2月中旬に宮崎入りすると言われており、ミスターとゴジラ松井の師弟揃い踏みが実現するのも間近に迫ってい…

つづきを見る

まったく中身のなかった「松井秀喜特番」で分かったこと

松井秀喜(41)は一体何を考えているのか。 現在、松井はニューヨーク・ヤンキースのGM特別アドバイザーという職に就いている。3A、2A、1Aなどヤンキース傘下のマイナー球団を巡回視察し、主に打撃指導を行うが、選手起用などにはタッチしない。 「正規の職員ではありません。正式にフロント入りしたものではなく、1年契約の外部ア…

つづきを見る

進撃のソフトバンク!始まるレイズ買収と巨人・原監督の後釜

「もう、日本シリーズなんて必要ない。ソフトバンクは神レベル」 貯金45、2位日本ハムを15ゲーム近く離してのリーグ優勝。巨人に代わる「球界の盟主」を作り上げた、それを誰より感じているのが孫正義オーナー(58)だ。今まさに“米上陸の時期”を迎えたのだ。 「ある“大物野球解説者”の助言のもと、フロリダ州タンパを本拠地とする…

つづきを見る