林遣都

『ワイドナショー』ウエンツ瑛士“未練”タラタラ? 大島優子の結婚報道をスルー…

8月1日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士が出演。大島優子の結婚ニュースがスルーされ、波紋を呼んでいる。 この日は、東京五輪にかき消されている芸能人の結婚・離婚のニュースについて特集。VTRでは、山下健二郎と朝比奈彩の結婚、大島と林遣都の結婚、市村正親と篠原涼子の離婚、有村昆と丸岡いずみ…

つづきを見る

大島優子が略奪? 元AKBぱるるが“いいね”したコメントに恐怖「仲悪すぎ」

俳優・林遣都との結婚を発表し、『AKB48』のファンを驚かせた元メンバー・大島優子。しかし、これをめぐって女同士の血生臭い嫉妬劇が繰り広げられていると、こちらもファンの間で話題になっている。 「大島と林が交際するきっかけとなったのは、2019年~20年に共演した朝の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)。しかし、2人…

つづきを見る

大島優子も結婚! AKB48“初代神7”小嶋陽菜と渡辺麻友の現在は?

元『AKB48』の大島優子と俳優・林遣都の結婚が7月29日に発表された。これまで1度も交際が報じられていなかった2人の〝電撃婚〟に日本中が驚き、瞬く間に祝福の声が広がっている。 大島は2006年に『AKB48』の第2期生としてデビュー。グループの中心メンバー〝神7〟として大人気になり、14年の卒業後は女優として活躍して…

つづきを見る

大島優子の結婚で“元カノ”島崎遥香にも注目が…「かわいそう」「乗り換えた?」

7月29日、俳優の林遣都と元『AKB48』の大島優子が結婚を発表。この報道に伴い、過去に林との熱愛が報じられていた元「AKB」の島崎遥香にも注目が集まっているようだ。 熱愛をスクープされることなく、ゴールインした林と大島。お互いに公式サイトで結婚に言及しており、林は「どうか温かく見守っていただけたら幸いです」とコメント…

つづきを見る

阿部寛、玉木宏の黒歴史は…?“好きな男優”ランキングに疑問「賛否分かれそう」

7月25日に『週刊文春』が、男女を対象にした『好きな男優 2021』アンケートのベスト15を発表。この結果に、ファンからは歓喜の声があがる一方で、疑問の声も相次いでいる。 2020年の「好きな男優」アンケートでは1位が阿部寛、2位が玉木宏、3位が長谷川博己という結果に。今年は1位に阿部、2位に林遣都、3位に玉木が輝いた…

つづきを見る

まるで北斗の拳『姉ちゃんの恋人』“治安の悪過ぎる街”にツッコミ続出

12月15日、有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の第8話が放送。〝治安の悪過ぎる街〟のシーンにツッコミが続出している。 主人公・桃子(有村)は、27歳、両親・彼氏ナシ、ホームセンターで働きながら弟3人を養う、ちょっとガサツだが家族思いの姉。同じ職場の真人(林遣都)に恋をする…というストーリーだ。 真…

つづきを見る

『姉ちゃんの恋人』予告詐欺に視聴者怒オコ!「これは最悪の手法…」

12月8日、有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の第7話が放送された。〝予告詐欺〟が行われ、視聴者からは怒りの声が漏れている。 主人公・桃子(有村)は、27歳、両親・彼氏ナシ、ホームセンターで働きながら弟3人を養う、ちょっとガサツだが家族思いの姉。同じ職場の真人(林遣都)に恋をする…というストーリーだ…

つづきを見る

「録画全消しした」『姉ちゃんの恋人』いきなり胸クソ展開に批判殺到!

11月17日、有村架純主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の第4話が放送された。唐突に明かされた〝重過ぎる過去〟に、視聴者から「一気に現実味なくなったわ」と呆れる声が続出している。 主人公・桃子(有村)は、27歳、両親・彼氏ナシ、ホームセンターで働きながら弟3人を養う、ちょっとガサツだが家族思いの姉。同じ職場…

つづきを見る

集中できない!『姉ちゃんの恋人』林遣都のメークがおかしい「ヒゲが黄色」

現在放送中の女優・有村架純が主演を務めるドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)で、視聴者が困惑するシーンがあると密かな話題になっている。 それは、有村のお相手を務める俳優・林遣都の〝メーク〟。林が演じているのは、ある〝重い過去〟を背負った青年・吉岡。桃子(有村)は職場で出会った吉岡に好意を寄せるが、吉岡はどこかよそよ…

つづきを見る

島崎遥香“ダサ過ぎる私服”が熱愛報道より話題「パチンカスじゃんw」

〝ぱるる〟の愛称で親しまれている元『AKB48』島崎遥香と、若手実力派俳優・林遣都の熱愛が明らかになった。意外な組み合わせに驚く声が上がる中、最も注目を集めたのは島崎の〝ダサ過ぎる私服〟。ネット上では「地球上で一番ダサい」などと爆笑の声が続出している。 同スキャンダルを報じたのは、『週刊文春』が運営するウェブサイト『文…

つづきを見る