桂文枝

桂文枝の不倫疑惑がテレビで全く扱われない裏事情

1月29日、上方落語協会会長を務める落語家の桂文枝が、昨年末に『週刊新潮』誌上で報じられた不倫騒動に対して取材に応じた。以下は同誌に暴かれた電話のやりとりだ。 文枝「今日はなに着てんの?」 女性「今ですか……今ネグリジェですね」 文枝「ネグリジェをねぇ……写真撮ってよう送らんやろ。どうして送ったらええか、わからへんやろ…

つづきを見る

西川史子が交際相手と破局?「酒癖の悪さ」が原因か

医師でタレントの西川史子の“年内再婚宣言”が、何やら怪しい雲行きになってきた。 西川は1月16日に行われたイベントで「今年は絶対、再婚します」と宣言。その後、21日に放送されたレギュラー出演している『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも「いま、とても幸せな気持ち」とのろけ、番組MCで『爆笑問題』の田中裕二から相手の男性…

つづきを見る

桂文枝の「新婚さんいらっしゃい!」降板説が再浮上して後任に出た名前は…

桂文枝(72)に再び『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)の降板説が浮上している。 演歌歌手の紫艶(38)と愛人関係にあった文枝が、番組降板という窮地に陥ったのは1カ月前。しかし、3月16日には番組を制作する朝日放送が「引き続き出ていただく」と発表したことで難を逃れたはずだったのだが…。 「実は、芸能人が何か不祥事…

つづきを見る

プライドをズタズタにされた桂文枝が「三枝」へ戻す?

上方落語の大御所である桂文枝(72)が、元不倫相手で演歌歌手の紫艶(38)による過去の暴露を防ぐため、名跡『桂文枝』の芸名を返上し、『桂三枝』に戻す案が浮上している。 「逆リベンジポルノ写真の流出で、人間国宝に認定されることはもはや絶望的です。それならば、文枝の名前にこだわる必要はない。芸名を三枝に戻せば、心機一転にな…

つづきを見る

桂文枝の不倫相手の紫艶が仕掛ける「暴露本」出版

2月に、落語家の桂文枝(72)と20年間不倫していたことを写真週刊誌『FRIDAY』に告白した元演歌歌手の紫艶(38)が、自叙伝の出版を目論んでいると、芸能界で噂になっている。 出版元は『FRIDAY』を出版している講談社が有力とされている。しかし、タレントの書籍が得意な編集者が在籍している双葉社から出版されるという声…

つづきを見る