業務提携

セブンイレブンが他のコンビニと合併や提携をしない理由

栃木県那須高原周辺。この地域の幹線道路沿いには『SAVE ON(セーブオン)』というコンビニエンスストアが多く存在している。この北関東を基盤とするセーブオンの約500店舗が、来年2018年の年末までに全てローソンに転換すると発表された。 コンビニ各社の店舗数日本一の座を巡る合併と出店の争いは、激しさを増している。なかで…

つづきを見る

薄利多売体質に陥った飲料業界で誕生する「コカコーラ&キリン連合」の多難な前途

  4兆円以上といわれる国内の清涼飲料水市場で、大手2社が協力への動きを見せている。業界首位のコカ・コーラグループと4位のキリンホールディングス(HD)が、資本業務提携を検討していると発表したのだ。 飲料業界には多数の企業が参入し、各社ともに次々と新商品の投入している。同時に薄利多売に陥り、利益率の低さも課題となってい…

つづきを見る

利益拡大を狙う味の素が掲げた「2020年計画」の意外な中身

堅調な業績で知られる、国内食品最大手の味の素株式会社が、2016年3月期の連結純利益を従来予想の675億円から615億円へ9%の下方修正をした。 原因は、医薬事業の一部撤退や一部統合で185億円の特別損失を計上したからだ。 味の素は飲料を除く食品メーカーの世界トップ10入りを標榜している。だが、営業利益ベースでの順位は…

つづきを見る