欅坂46

『日向坂46』のライブで“欅坂”の名前が…「タブーじゃないんだ」とファン騒然

10月20日に愛知県『日本ガイシホール』で行われた、『日向坂46』の『全国おひさま化計画2021』ファイナルツアー。ライブ中のMCで、メンバーから〝ある人物〟の名前が飛び出し、ファンが騒然としている。 9月15日から全国で行われてきたアリーナツアー「全国おひさま化計画」。「日向坂46」初の全国ツアーということで、無事フ…

つづきを見る

『欅坂46』解散から1年…“亡霊オタ”が大量出現! 過去の美化に困惑

『欅坂46』が『櫻坂46』に改名して早くも1年が経ったのだが、ここ最近では過去を美化する〝亡霊オタク〟から、「欅坂46」を惜しむ声が続出しているようだ。 硬派なイメージや圧倒的な表現力などで、幅広い層から支持されていた「欅坂46」。ファンは今でも当時の彼女らの栄光が脳裏に焼き付いているようで、ネット上には、 《欅坂46…

つづきを見る

『櫻坂46』最年長メンバーが再び炎上!「甘やかされすぎ」「特別扱いやめて」

10月11日深夜放送の『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)では、『櫻坂46』の最年長メンバー・渡辺梨加が空中ブランコに挑戦。その結果に、批判が殺到している。 同日の番組では10月13日発売の3rdシングル『流れ弾』のヒットを祈願して、楽曲のフォーメーションで前列と中列を務める〝櫻エイト〟のメンバー7人(活動休止中…

つづきを見る

元『欅坂46』鈴本美愉が激ヤセ!「何か抱え込んでいそう」と心配の声

2020年に『欅坂46』を卒業し、現在はアパレルブランド『Muléau(ムル)』をプロデュースしている鈴本美愉。そんな彼女の激ヤセぶりがネット上で話題になっているようだ。 10月5日に鈴本はインスタグラムで「Muléau」のアイテムを紹介し、それを身につけた自身の写真を投稿。白いトップスに緑のショーパンが印象的なコーデ…

つづきを見る

『格付けチェック』櫻坂46“口パク”指摘されてファン激怒「土下座しなさい」

10月5日放送の『芸能人格付けチェック 食と芸術の秋 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演した俳優の加賀まりこ。番組内で共演者の『櫻坂46』に上から目線でコメントする一幕があり、彼女らのファンから反感を買ってしまったようだ。 一悶着あったのは、ジャズセッションを聞き分ける問題。この問題に加賀はチーム大御所の一員とし…

つづきを見る

元欅坂46・今泉佑唯が出産3カ月で復帰!「芸能界じゃなくても…」と疑問の声

元『欅坂46』の今泉佑唯が、9月30日に自身のブログを開設。徐々に仕事を再開していく旨を報告したが、ネット上には「芸能界にしがみついていたいんだね…」と冷ややかな声もあがっているようだ。 今泉は自身が23歳を迎えた30日に『今泉佑唯のいちご大好きざる蕎麦ブログ』を開始。《こんにちは! 今泉佑唯です!》と元気よく挨拶し、…

つづきを見る

長濱ねる“友達いない”発言に批判「陰キャ営業」「欅坂より男とったくせに…」

8月31日に放送された『セブンルール』(フジテレビ系)で、MCの元『欅坂46』長濱ねるが「友達がいない」と発言。この〝陰キャ営業〟が、世の女性たちの反感を買ってしまったようだ。 この日、番組がクローズアップした人物は、いじめや不登校、貧困などで家にも学校にも居場所がない子どもたちに寄り添う活動をしている鴻巣麻里香さん。…

つづきを見る

平手友梨奈の“シャネル”コラボ動画に絶賛の声「小顔でスタイル良い」「完璧」

元『欅坂46』のメンバーで、女優やモデルなどマルチに活躍する平手友梨奈。彼女がファッション誌『ELLE』の公式YouTubeチャンネルに登場し、ネット上で大きな反響を呼んでいるようだ。 平手が登場したのは、8月13日に更新された『平手友梨奈と旅する、シャネル N°5ヒストリー| ELLEgirl』というタイトルの動画。…

つづきを見る

『セブンルール』長濱ねる“欅坂”の絆? 平手友梨奈ネタに即反応して歓喜の声

7月27日放送の『セブンルール』(フジテレビ系)で、元『欅坂46』の平手友梨奈に関連する話題が登場。同じく元「欅坂」のMC・長濱ねるがすぐさま反応していたため、ファンは歓喜に沸いていたようだ。 今回の放送では居酒屋『世界の山ちゃん』の代表取締役・山本久美氏に密着し、彼女の〝7つのルール〟を探っていった。番組終盤のスタジ…

つづきを見る

『音楽の日』元“欅坂46”メンバーの映り込みに不満殺到「邪魔すぎる」

7月17日放送の大型音楽特番『音楽の日』(TBS系)に、俳優だけでなくシンガーソングライターとしても活躍するディーン・フジオカが登場。新曲『Runaway』を披露したのだが、ファンにとっては少々不満の残るパフォーマンスだったようだ。 ファンから怒りを買ってしまったのは、「Runaway」のカメラワーク。全体的に引きの画…

つづきを見る