武井咲

武井咲の結婚「黒革の手帖」に悪影響の懸念

9月1日に、『EXILE』ボーカルのTAKAHIROと武井咲の入籍が発表された。両者の出会いは2014年に放送されたドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で、翌年に放送された同ドラマのスペシャル版で再会すると、急速に仲が深まっていったという。 「懸念されるのは『黒革の手帖』の視聴率です。ただでさえ視聴率が下降気味なのに…

つづきを見る

黒革の手帖が視聴率10%割れ目前!武井咲に「女優限界論」

現在、連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)に主演している武井咲に“女優限界”という意見が出ている。同ドラマは第6話の平均視聴率が10.1%で、全話通しての平均視聴率は11.1%。第3話以降は下がり続けている。 「今クールは『コード・ブルー』(フジテレビ系)が強いと当初から予想されていたため、黒革の手帖は“2位狙い”…

つづきを見る

武井咲は鉄板の人気ドラマ「黒革の手帖」でも失敗するのか

武井咲の主演する連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)が7月20日にスタートした。初回は15分拡大版で放送され、平均視聴率は11.7%だった。これをいい数字だったと捉えるか、悪い結果だったと捉えるかは微妙だという。 「テレビ朝日は大規模な宣伝をかけて、15%越えを読んでいたそうですから、がっかりしたようです」(テレビ…

つづきを見る

「黒革の手帖」武井咲に「若過ぎて見るに堪えない」厳しい評価

7月20日から武井咲主演の連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)がスタートした。松本清張作品のなかでも屈指の人気を誇る作品なだけに、期待も高い本作だが、早くも失敗を予感させる書き込みがSNSで散見されている。 《武井では若過ぎる。やはり米倉涼子がやった『黒革の手帖』のイメージが抜けない》 《全然似合わない 清張モノな…

つづきを見る

ドラマ「黒革の手帖」米倉涼子のイメージを払拭できない武井咲

7月20日に放送された連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)で、主演の武井咲と、同じ芸能事務所所属のさとうほなみの、演技力のなさや存在の薄さが話題となっている。 この日は第1話の放送で、父親が亡くなったあとに母親が背負った借金の返済を肩代わりしていた原口元子(武井)が、東林銀行で派遣社員として働きながら夜はホステスと…

つづきを見る

広末涼子「貴族探偵」にゲスト出演の裏事情

女優の広末涼子をめぐり、芸能界がざわついている。広末は5月29日放送の連続ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)第7話で10年ぶりに“月9”に出演した。 「『嵐』の相葉雅紀が主演で、武井咲も出演している貴族探偵ですが、視聴率は低迷しています。テコ入れのために話題性と知名度のある広末をスポットで起用したというのは明らかです」…

つづきを見る

絶好調の米倉涼子が事務所後輩の武井咲に「悪女演技」アドバイス

女優の米倉涼子が、同じ事務所に所属する後輩の武井咲に演技指南をしたという。 「武井は7月から始まるドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系=木曜午後9時)に主演をします。同ドラマは、2004年に米倉が主演して好評だった作品で、銀行員から銀座の高級クラブのママへ成り上がる悪女を描いた内容です。これまで清純な女性の役ばかりだった…

つづきを見る

ひどい視聴率の「貴族探偵」で幸運にありつく武井咲

30周年を迎えたフジテレビの名物ドラマ枠“月9”を記念して、豪華な出演陣で大々的に宣伝された『貴族探偵』がピンチだ。初回こそ視聴率が10%を超えたものの、それ以降はずっとひと桁を続けている。ここまで不人気の大きな理由となっているとされるのが、主演の『嵐』相葉雅紀だ。 「相葉の熱狂的なファンならば許せるかもしれませんが、…

つづきを見る

制服姿酷評の武井咲の裏で「25歳」山本美月の制服姿が大絶賛!

フジテレビの“月9”ドラマ『貴族探偵』のあるシーンに批判が殺到したという。同ドラマは平均視聴率10%以下で、5月10日に発表された亀山千広社長の引責の一因になったとも言われている。 このドラマに出演中の武井咲が、第3話で高校時代の回想シーンとして制服姿で登場した。 「ドラマとはいえ、全く似合っていませんでした。武井は過…

つづきを見る

ドラマ好調の米倉涼子が後継者扱いされている武井咲に不満顔

主演ドラマが好調な女優の米倉涼子(41)の所属芸能事務所が、すでに“ポスト米倉”を画策しているという。 今期のドラマで『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)は、第4話までの平均視聴率が21.4%と頭ひとつ抜け出た高い視聴率を記録している。その要因は、米倉がこれまで数年にわたって培ってきた実績だろう。2012…

つづきを見る