歴史

世界記憶遺産に登録された「朝鮮通信使」の呆れた実態

10月31日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が重要な歴史文書などを認定する『世界の記憶』(世界記憶遺産)に、日本国内12都府県と韓国にある江戸時代の外交資料『朝鮮通信使に関する記録』を選んだ。群馬県の古代石碑群『上野三碑(こうずけさんぴ)』も登録される。 「『朝鮮通信使』は、朝鮮国王が日本の徳川将軍家に派遣した使節団…

つづきを見る

地球遺産・チバニアン誕生の裏にもあった「特許申請騒動」

世界遺産よりスケールの大きい“地球遺産”が誕生する見通しだ。77万年前の地磁気逆転を示す千葉県市原市田淵の地層について、国立極地研究所が国際学会での1次審査通過を発表した。地磁気逆転とは、地球の地磁気の向きが南北で逆になる現象のことをいい、過去360万年のあいだに9回起きたとされている。 地元関係者は『チバニアン(千葉…

つづきを見る

カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

カウパー(氏)腺液で知られるウィリアム・カウパー氏(William Cowper)は、17世紀のイギリスで活躍した外科医・解剖学者である。ちなみに日本では“カウパー”として認知されているが、正しい発音は“クーパー”だ。 カウパー腺液は粘り気があるので、ローションの役割を果たしていると思っている人も多いと思うが、その最大…

つづきを見る

「セーラー服」の発祥地は福岡か京都かで論争が勃発!

昔のアニメ『ハレンチ学園』(1970年10月~1971年4月)や、映画『セーラー服と機関銃』などで“大活躍”していたのがセーラー服だ。最近ではクイズ番組などで、タレントが着用していることもある。 そのセーラー服を日本で初めて制服として採用したのは、福岡か京都かで論争が起きている。 福岡市にある旧福岡女学校(現:福岡女学…

つづきを見る

総理大臣には「資質」よりも「家系」が大事という歴史的事実

現在の内閣総理大臣の安倍晋三首相は、かつて総理大臣だった麻生太郎元首相と、ちょっと遠いが親戚であることは有名だ。厳密には、安倍首相の祖父である岸信介、そのいとこの吉田寛の奥方の甥が麻生金融担当大臣となる。 さかのぼること150年前、朝廷の権威を掲げ、264年間続いた徳川幕府の権限を天皇に移譲した大政奉還を、長州藩(山口…

つづきを見る

超古代文明の遺物!? 10万年前の「コンセント付き花崗岩」見つかる

この花崗岩は1998年に電気技師の仕事をしているジョンJ.ウィリアムズ氏が、北アメリカを旅行中に発見したものだ。しかし、左上を突起物をよく確認すると…。   どうだろう? “金属製の三つ又コンセント”が埋まっているように見えないだろうか? しかもこの石は年代測定の結果、10万年前の物と判明したそうだ。 &nb…

つづきを見る

江戸時代から今なお続く街「吉原」の魅力

吉原と言えば、江戸幕府公認の遊廓があった場所であり、つい最近では、例えば安倍首相側近の元大臣がその“登楼姿”で話題を振りまくなど、多くの人に地名を知られる歴史ある歓楽街だ。現在は“御朱印ブーム”で、近くの吉原神社を訪れる人も多いという。あらためて界隈を紹介しよう。 今年で開設360年を迎える吉原は、東京都台東区に位置し…

つづきを見る

神戸の名物だった「三大企業」の現在

明治から昭和初期にかけて、神戸を拠点に世界的な総合商社として君臨した『鈴木商店』という会社がある。その鈴木商店は、破綻して約90年になるが、いまも登記上は存在している。会社の実体がなくなって久しいものの、清算は現時点でも終わっていない。 同じ時代の神戸では『山口組』や『本多会』が全国制覇を競い合っていた。現在でも山口組…

つづきを見る

着物_男性04

落語界が「高学歴社会」になりつつある必然的な理由

正月は落語家の噺を聞く機会が多い。そんな落語家たちには、定年退職の制度がない。生涯現役の高齢者比率が高まっており、東京を拠点とする落語家545名のうち、65%にあたる真打(=師匠)が352名と、完全な“逆ピラミッド”の構成になっている。 さらにもう一つ、落語家界に変化が見え始めている。高学歴者が増えているのだ。 「長い…

つづきを見る

誕生50周年を迎える「リカちゃん」人形の歴史

タカラトミーが製造と販売を手掛ける着せ替え人形『リカちゃん』が、今年で発売50周年を迎える。 半世紀にわたって親しまれ、現在も着せ替え人形玩具で売り上げトップを誇るリカちゃん。現在販売されているものは4代目に当たる。 初代が登場したのは1967年で、当時のリカちゃんの髪型は外巻カールの栗色で、ミニスカートをはいていた。…

つづきを見る