水泳

池江璃花子への宇野昌磨のコメントが「よく言った!」と絶賛されるワケ

競泳女子の池江璃花子が自身のツイッターで白血病と診断されたことを告白したニュースは、瞬く間に世界中を駆け巡った。メディアやネット上では、スポーツ界のみならず、各界から多数のコメントが寄せられた。 ほとんどが池江へのエールとなっているが、残念ながら配慮の足らないコメントも散見され、早くも非難の対象となっている。 『情報ラ…

つづきを見る

池江璃花子『白血病』を告白!過去にはこんな人たちも闘った!

競泳女子の池江璃花子選手が2月12日、自身のツイッターを更新し、白血病と診断されたことを公表した。池江のツイートを受けて、水泳界のみならずファンの間に衝撃が走っている。 ご報告です。 pic.twitter.com/zP2ykLRgCD — 池江 璃花子 (@rikakoikee) February 12, 2019 …

つづきを見る

残念過ぎる!池江璃花子「ハイレグ着るのや~めた!」の衝撃

去る1月28日、日本水泳連盟が2018年度の優秀選手・コーチの表彰式を行い、最優秀選手に池江璃花子が選ばれた。選出の理由は明かされていないが、昨夏インドネシアのジャカルタで開かれたアジア大会で6冠に輝いた実績を考えれば、異を唱える者は1人もいないはずだ。 そんな池江に〝惜しむ声〟も出始めている。日本代表の公式水着の話だ…

つづきを見る

シンクロナイズドスイミング「人材不足が深刻」で大ピンチ!

ハンガリーのブタペストで開催されている水泳の世界選手権で、日本はシンクロナイズドスイミングのフリーコンビネーションで3位に入り、2大会連続で同種目の銅メダルを獲得した。しかし、東京五輪へは不安を残している。 「チームとデュエット、ソロで選手を兼任させているのは日本だけでした。海外では1種目に集中させるため、ペアで出る選…

つづきを見る

日本の競泳がスタート時の掛け声を変更

4月に開催される競泳の日本選手権からスタート時の掛け声が変わる。これまでの「位置について、用意」が、英語の「Take your mark」に変更されることになったのだ。その理由は一部選手から「海外と国内で掛け声が違うのはやりにくい」という申し出があったためだという。 「3年後の東京五輪へ向けて、英語で統一しようというこ…

つづきを見る

北島康介が現役集大成の日本選手権へ向け「秘密特訓」

競泳関係の間で、「北島が不気味…」と囁かれている。 北島康介(33)は現在、5大会連続の五輪出場を目指し、スペインで“秘密特訓”を行っている。平井伯昌・代表強化コーチの作った特別高地トレーニングメニューをこなしているのだが、北島の33歳という年齢を考えれば、「リオデジャネイロ五輪出場は難しいのでは?」と思うのが一般的で…

つづきを見る

五輪5大会連続出場を狙う北島康介が「平泳ぎ200m」一本で勝負

北島康介(33=日本コカ・コーラ)が1月8日、都内で行われたイベントで「行けると思って勝負している。少しでも自分に疑いを持ったら、ブレーキが掛かってしまう」と、今夏のリオデジャネイロ五輪出場への“決意”を表明した。 「昨年11月の東京スイミングセンター(SC)招待記録会で、北島は100m平泳ぎで優勝しました。もっとも、…

つづきを見る

老いには勝てず…北島康介が「引退を懸ける」五輪出場一発勝負の日本選手権

5度目のオリンピック出場を目指す北島康介(33)が、『競泳ワールドカップ東京大会』(10月28、29日)でエントリーした3種目(平泳ぎ50、100、200m)の全てで予選落ちした。 北島は来春のリオデジャネイロ五輪出場を懸けた日本選手権で“一発勝負”に出る。競泳W杯では好成績を収め、弾みをつけたかったが、「限界」の声が…

つづきを見る