法律

入試の不正を許すな!「裏口入学」が立派な犯罪である理由

文部科学省の前局長、佐野太被告が、私大支援事業の選定で便宜を図る見返りに、息子を不正に入学させた受託収賄の疑いで逮捕・起訴されたいわゆる「東京医大裏口入学事件」は、どんな罪になるのだろうか。また入学した学生には処罰が下るのか。 「裏口入学には、①受験生の親または親族が直接学校の人と接触し、金品を贈って入学させてもらうケ…

つづきを見る

オウム事件「死刑執行・全員完了」それでも死刑に反対する人たち

オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫ら7人の死刑執行に続き、7月26日、死刑が確定していた残る教団元幹部ら6人の刑も執行された。 今回に限らず、死刑が執行されると必ずと言っていいほど、国内外を問わず死刑反対派からの声が上がる。彼らはなぜ、死刑に反対するのだろうか。 7月21日に放送された『胸いっぱいサミット!』(関西テ…

つづきを見る

hand in jail

「死刑のない国」ならオウム死刑囚の懲役は何年になるの?

オウム真理教教祖の麻原彰晃こと松本智津夫ほか、一連のオウム真理教事件で死刑判決を受けていた幹部合計7名の死刑が7月6日に執行された。 オウム真理教事件は死者26名、逮捕監禁致死2名、殺人未遂1名、負傷者6300名という被害者を生んだ未曾有の大事件だ。 松本サリン事件や地下鉄サリン事件のような無差別テロも相当に悪質である…

つづきを見る

Young businessman behind the bars in prison

いじめ加害者の親に「罰金か刑務所」を定めた法律の施行

長野県では、学校生活や友達のことなどの悩みについてLINEで相談できるサービス『ひとりで悩まないで@長野』を期間限定で定期的に実施している。今回は7月1日から7月29日まで17時から21時の間の開設。次回は8月18日から9月17日となっている。 昨年は9月10~23日の2週間に開催され、中学生と高校生の時間外のアクセス…

つづきを見る

Divorce proceedings

訴訟沙汰?飲食店の悪評は「名誉毀損」にあたるのか

日常的に多くの人が、ブログなどのSNSに飲食店での食事の感想や写真を掲載している。また、グルメ情報サイトのなかには、ユーザーが自由に感想を投稿できるところもある。 こうしたSNSやグルメ情報サイトなどの評判は、いまや飲食店の人気を大きく左右する。 《おいしかった》というポジティブな書き込みなら飲食店にはうれしい限りだが…

つづきを見る

出会い系サイトで騙された!弁護士の見解は?

50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を『生涯未婚率』というが、これが年々伸びているという。2015年の国勢調査の結果、男性が23.37%、女性は14.06%に上った。この数字だけみると、男性は4.2名に1名、女性は7名に1名が生涯未婚だ。 総務省統計局発表の『人口推計』によると、20歳から54歳までのすべての年…

つづきを見る

高齢者ドライバーの「責任能力」が悲惨を加速

高齢者ドライバーが引き起こす自動車事故の責任問題の深刻化が懸念されている。 自動車を運転していて交通事故を起こした場合、『刑事責任』、『民事責任』、『行政責任』、『道義的責任』という4つの責任を負うことになる。 死亡事故の場合は刑法に定められている懲役刑、禁固刑、罰金刑などに処せられることになるが、民事責任としては、被…

つづきを見る

50年前の品物も判明「クリーニング店の保管期間」に関する調査

全国クリーニング生活衛生同業組合連合会が、昨年初めて実施した『長期間放置品に関するアンケート』(全国427事業者から回答)によると、全国9割のクリーニング店が“長期放置品”を抱えている実態が明らかになった。 今回の調査では《仕上がり予定日より数カ月~数年、取りに来ない場合》を“長期放置品”とし、衣類はシャツやブラウスな…

つづきを見る

Wooden table with hammer, money

「1回きりの不倫」と「継続的な不倫」慰謝料の相場は?

女優の斉藤由貴と医師、山尾志桜里衆議院議員と弁護士など、ただの不倫と比較してダブル不倫は解決までに長引く印象があるが、実際はそうでもないという。 東京都内に住む会社員Aさん(47歳)は、1年前から取引先の既婚女性B子さん(35歳)と不倫関係になった。最近それがB子さんの夫にばれてしまい、B子さんの夫から慰謝料を請求され…

つづきを見る

時効は2年!「過去の残業代」を取り戻すためにやること

安倍晋三政権が今国会の最重要法案と位置付ける『働き方改革関連法案』だが、6月20日の会期末までの成立は日程的にもギリギリの状況だ。もし、成立すれば、サラリーマンの残業が規制される喜ばしい面がある一方で、残業代の減収による年収減も起こるかもしれない。 さて、国の法整備とは関係なく、労働組合のない中小企業やベンチャー企業の…

つづきを見る