波田陽区

いまだ月収80万?『一発屋芸人』の“現在”が意外と裕福!

昨年、ポータルサイト『goo』が発表した〝平成の一発屋〟と思われるお笑い芸人のランキングは次の通りだった。 1 波田陽区 2 8.6秒バズーカー 3 日本エレキテル連合 4 エド・はるみ 5 ダンディ坂野 6 ムーディ勝山 6 (同率)ヒロシ 8 クマムシ 9 スギちゃん 10 楽しんご 平成から令和に変わった今、この…

つづきを見る

井手らっきょだけじゃない「地方で活動する芸人」が増加

ビートたけしの独立に端を発した、オフィス北野の森昌行社長とたけし軍団の対立は、連日にわたって芸能マスコミを騒がせた。 4月9日には、森社長がたけし軍団と協力して今後のオフィス北野の新体制構築に向けて話し合いを始めるという内容の文書をマスコミ各社にファクスし、騒動も収拾に向かう気配だが、騒動の中で目を引いたことのひとつが…

つづきを見る

ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在

2017年で最もブレイクしたタレントといえばブルゾンちえみだろう。 年末に相次いて発表された賞でもブルゾンは『Yahoo!検索大賞』、『ユーキャン新語・流行語大賞』、『ベスト眉ニスト』、『小学館DIMEトレンド大賞』、『VOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR』、『ORICON クイーン・アワード』と…

つづきを見る