清原和博

テレビ局が繰り広げる「清原和博独占インタビュー」争奪戦

覚せい剤取締法違反の罪に問われた清原和博被告(48)の判決公判が、5月31日に東京地裁で開かれた。 その清原被告は、今後の生活について、目途が立っていないことが明らかになった。 「清原は糖尿病とシャブ抜き治療の入院費の支払いもままならないほど金に困っているようです」(スポーツ紙記者) 5月17日の初公判後から『中居正広…

つづきを見る

清原被告の裁判終了後に摘発を狙われている「次の大物」の名前

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕、起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が5月17日に東京地裁で開かれる。 公判が順調に進めば、即日結審もあるとみられている。そして、清原被告の裁判が終われば、捜査当局は“次の大物”の摘発を狙って本格的に動き出すという。 「清原被告の逮捕につながる情報を提供した何人もの関係者…

つづきを見る

清原被告は実刑判決が濃厚? 執行猶予の付かない根拠

覚せい剤取締法違反で起訴された清原和博被告(48)の初公判が、5月17日に行われる。 1年間に1万件以上も起きている覚せい剤関連事件数を考えると、清原容疑者が有名人であるということ以外、変わったところはない。初犯であることも考慮され、大方の予測では執行猶予が付くとされていた。 だが、ここにきて、実刑になるのでは? との…

つづきを見る

清原和博と26歳年下のハーフ美人女子大生ホステスが破局

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)は、5月17日の初公判に向けて体力作りに専念しているという。 そして、その社会的地位を失った清原被告の心の支えになっていたとされる交際相手のハーフ美人女子大生M子さん(22)が、ホステスを引退していたことが関係者への取材で明らかになった。 …

つづきを見る

清原覚せい剤事件で警視庁が内偵捜査する「5名」

覚せい剤取締法違反で逮捕と起訴をされた、元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)に関する捜査を終了した警視庁組織犯罪対策5課が、引き続き内偵捜査を進めていることが本サイト『まいじつ』の取材で明らかになった。 いずれも清原被告に関連した人物で、人数は5名。逮捕を視野に入れているとみられる。 「内偵捜査をされている5…

つづきを見る

雲隠れした清原被告に「命懸け24時間ガード」体制の新証言

覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された、元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)の動静が全く伝わってこない。 3月17の保釈後は、千葉県松戸市の総合病院に直行し、持病の糖尿病と“シャブ抜き”の治療に専念しているという情報がある一方で、退院して別の医療施設に入院しているという話もある。 清原被告の側近であるA運転手と付…

つづきを見る

薬物依存者リハビリ施設「茨城ダルク」の岩井喜代仁代表に聞く清原容疑者の状態

全国に拠点を持つ民間の薬物依存者リハビリ施設の『ダルク』。元タレントの田代まさし氏がスタッフを務めていることでも知られている。 今回はその中の『茨城ダルク』の代表を務める岩井喜代仁氏に、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博容疑者についてのことを聞いた。 元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反容疑で警視庁に…

つづきを見る

清原和博VS朝青龍の「世紀の悪役格闘マッチ」計画

覚醒剤で逮捕された清原和博容疑者(48)の今後ついて、一気に注目が集まり出した。 裁判の初公判が5月17日に決まったということだけではなく、それ以降のことについてだ。 清原はまもなく保釈される予定だが、まだ確定はしていない。 「身元引受人がいないということですが、それが一番の理由ではないでしょう。保釈されたらマスコミの…

つづきを見る

清原和博が「恩人」仰木彬氏にとった非礼の数々

「清原さんに注意してくださいよ!」 関西を拠点とするプロ野球解説者たちは、各方面からそんな訴えをされていた。 スポーツ選手は挨拶と同時に握手を交わすことが多い。だが、清原和博容疑者(48)の握手は“暴力”だった。過剰な力で相手の手を握り潰しにくるのだ。 肉体を鍛えているプロ野球選手の仲間なら「痛い。何するんですか!?」…

つづきを見る

『下町ロケット』のおかげ? TBSが清原逮捕の瞬間を撮影できた理由

覚醒剤の所持容疑に続いて、使用の疑いでも逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の“深夜の逮捕劇”の真相が明らかになってきた。 2月2日の夜に、現行犯逮捕の一報が流れ、マスコミ各社は警視庁本部になだれ込んだ。各社とも黒のワンボックスカーの後部座席にいる清原容疑者をカメラに収めるのが精一杯だったが、TBSだけは捜…

つづきを見る