清宮幸太郎

清宮幸太郎はどうする?学生アスリートと私立大学の微妙な関係

春は卒業と入学の季節だ。リオデジャネイロ五輪の競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した瀬戸大也も、3月26日に早稲田大学の卒業式に臨んだ。卒業式後に瀬戸は報道陣の取材を受け、社会人としての抱負も語っていたが、「いや、羽生くんに会いたかった…」と、残念がってもいた。 羽生結弦も同大学の人間科学部通信教育課程…

つづきを見る

WBC4連勝の侍ジャパンを阻む「超意外な伏兵」

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンドを1位で通過した野球日本代表『侍ジャパン』は、2次ラウンド初戦のオランダ戦も勝利した。4時間46分の接戦で“根負け”しなかったのは大きいだろう。2週間ほど前は壮行試合と練習試合で負け越し、“史上最弱”とも揶揄されていたが、このオランダ戦の勝利後には、アメ…

つづきを見る

早実の怪物・清宮幸太郎は来年のドラフトであの球団が一本釣り確定!?

プロ野球の日本シリーズ開幕直前に行われたドラフト会議後、会場を後にする各球団スカウトが漏らしていた言葉がある。 「来年はもっと大変だよ…」 今年のドラフト会議はアマチュアでナンバーワンの投手である田中正義(22=創価大)の抽選、2回目の入札で異例の5球団重複となった佐々木千隼(22=桜美林大)など、見どころが多かった。…

つづきを見る

清宮主将で臨む早実の「越境入学」の実態

吉見健明の「ダッグアウト取材メモ」 第98回全国高校野球選手権の西東京大会で、早稲田実業は準々決勝で敗退し、清宮幸太郎の2年生の夏が終わった。 そして、新チームのスタートにあたり、清宮は主将に就任した。 清宮にとって、来年は甲子園出場を懸けた最後の学年になる。失敗すれば、早実を指揮する和泉実監督の責任問題に発展すること…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】清宮幸太郎のセンターへのコンバートは吉か凶か

一塁手から中堅手へのコンバートに賛否両論だ。 今春のセンバツ甲子園出場を果たせなかった早稲田実業高の清宮幸太郎(2年生)は、相変わらずスポーツ紙を賑わし注目の的である。 パワーは健在だ。守備に課題があったが、中堅手へのコンバートで動きのいい新・清宮幸太郎を徐々に発揮している。 早実の和泉監督は「チーム事情であらゆるポジ…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】早実・清宮幸太郎が負けて一皮むけていた!

2016年1月7日、早稲田実業の王貞治記念グランド(東京・八王子)の改修工事が完成し、竣工式へ訪れた同校OBの王貞治氏(75)と清宮幸太郎(16=1年生)が初対面した。 昨年11月、“和製ベーブ・ルース”として大注目を浴びた清宮のことが気になり、王貞治記念グランドに足を運んだ。そのときは、まだ改修中でランニングのみの練…

つづきを見る

【元巨人敏腕スカウト極秘メモ】早実・清宮が手本にするプロ野球選手とは…

巨人・福田聡志投手らによる野球賭博の闇は深い。10月6日に新聞各紙が報道してからというもの、球界の賭博事件に関する取材などでバタバタしていた10月10日。私は、汚れたプロ野球界の実態を振り切るかのように、早朝から秋の高校野球東京都大会(八王子球場)に足を運んだ。 目的は早実の清宮幸太郎(1年)が、甲子園出場を果たしてど…

つづきを見る