火星

『火星』に古代文明の痕跡?「奇妙なナイフ」から解き明かされる真実

火星に原始人による古代文明の痕跡が発見されたと話題になっている。 これは『火星』の探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきた画像を無加工のまま、『NASA』(アメリカ航空宇宙局)が公式ホームページで掲載しているものだが、右上の白い矢印の部分を見て頂こう。なんと『折りたたみナイフ』そっくりの物体が写っているではないか…

つづきを見る

“天使”が火星に!? NASA『火星探査機』からの衝撃画像

火星に、肉体を持たない精神エネルギー体の“天使”がいた!? NASAはこの謎の生命体を発見し、ショックを受けているという。 NASAの火星探査機が送信してきた画像に、奇妙な光が写っていた。NASAはホームページに探査機からの膨大な数の画像をすべてアップしているが、その中にあったものを“エイリアンハンター”が発見した。 …

つづきを見る

タイムトラベラーが見せた「3812年の火星」の証拠写真

アメリカでタイムトラベラーが急増している。写真やサプリメント剤など、未来から現代にやって来たという“証拠”を携えてタイムトラベルしてきた人も出てきているのだ。今回の女性タイムトラベラーは、現代から3812年にタイムトラベルし、火星の写真を撮って戻って来た。 タイムトラベラーを自称する37歳のメアリーは「3812年の火星…

つづきを見る

火星で動物の群れを発見!?

火星無人探査ローバーは日々、火星の表面を探査し、画像をアメリカ航空宇宙局(NASA)に送信し続けている。そのなかでも最近、撮影された数枚が衝撃的な画像だった。不毛な“赤い惑星”である火星の表面に、まるでバッファローの群れのように、多数の動物が繁栄しているかに見える画像があったためだ。それどころか、牧場のように動物の群れ…

つづきを見る

全長5.6キロ!火星で発見された「巨大構造物」の謎を解く

以前、当サイトでは火星で目撃された15センチの小人ついて報じたが、今度は『Google Mars』を通じて火星表面で全長が5600メートルもある正体不明の“巨大構造物”が発見され、その余りの大きさにUFOマニアの間では「火星には巨人が住んでいるのではないか?」など、様々な憶測が囁かれている。 これがGoogle Mar…

つづきを見る

火星表面に刻まれた「U字型レリーフ」UFO不時着跡か

また『Google Mars』で新たな発見があったようだ。今回はなんと火星表面で“U字型レリーフ”が発見され、UFO専門家の間では「火星人のメッセージだ」「いや、巨大UFOが不時着したのではないか?」などの意見が飛び交い、マニアを中心に大きな話題となっているのだ。 こちらが問題の地点(23°48’52.45N 158°…

つづきを見る

火星で「不可解な墜落物」発見!NASAの極秘作戦か

またも火星表面の衛星写真を公開している『Google Mars』からビックニュースが飛び込んできた! なんと、火星表面で飛行物体がクラッシュし、地中深くめり込んだと思われる“墜落跡”が発見されたというのだ。このニュースはイギリスのタブロイド紙『Daily Mail』でも取り上げられ、マニアを中心に大きな話題となっている…

つづきを見る

火星表面「巨大人面レリーフ」が暗示する宇宙人基地の存在

以前、本サイトにて火星の古代王について報じたが、今度は火星表面の衛星画像をネットで公開している『Google Mars』で、なんと巨大な顔のレリーフが発見され、いま火星マニアを中心に話題を呼んでいる。 こちらはGoogle Marsの座標検索画面で「33°12’29.82″N, 12°55’51.21″W」と入れると表…

つづきを見る

火星で発見された「多足類生物」が火星移住計画を叩き潰す!?

以前、当サイトで火星の奇妙な小人について報じたが、今回もUFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』が、映画『エイリアン』に登場する『フェイスハガー』(エイリアンの幼生)によく似た“多足類生物”を火星で発見したのである。 こちらは、もう定番となっているNASAの火星探査…

つづきを見る

NASAの陰謀か?火星表面「巨大建造物消失事件」の真相

またまた大スクープが飛び込んできた。これはアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査機『キュリオシティ』から2013年に送られてきた画像だが、写真の赤丸の部分をよく見ていただこう。驚くことに“ビルのような四角い巨大建造物“が何食わぬ顔で建っているではないか! そしてここからが本題なのである。こちらは2017年にNASAが…

つづきを見る