炎上

百貨店店員の“生理バッジ”にブーイング!「何でわざわざ知らせるの?」

JR大阪駅前にある『大丸梅田店』内で、11月22日にオープンした〝女性のリズムに寄り添う〟新ゾーン『ミチカケ(MICHIKAKE)』が、ネット上で大炎上している。 同ゾーンは、もともと婦人服売り場だったスペースをリニューアルし、下着や生理用品、サプリ、女性向けアダルトグッズ、コスメなどを扱う18ブランド17店舗が出店。…

つづきを見る

木下優樹菜“騒動後”もテレビ収録が発覚「どのツラ下げてスタジオに…」

11月21日、タレント・木下優樹菜がレギュラーを務める『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)が放送された。木下は18日に芸能活動自粛を発表しているため、番組は事前収録を知らせるテロップを挿入したが、これが火に油を注ぐ結果となったようだ。 周知の通り、木下は自身の勘違いにもかかわらず、姉の勤めるタピオカドリ…

つづきを見る

タメ口16歳・YOSHIのキャラに冷めた声が続出「ダサくね?w」「理解不能」

近ごろ、強烈なキャラクターで各バラエティー番組をにぎわせている歌手・俳優・モデルのYOSHIが、11月18日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。相変わらずの個性を発揮したが、視聴者へのウケは芳しくないようだ。 YOSHIは「菅田将暉が大絶賛するセンスの塊」との紹介で登場し、13歳のころに『ルイ・ヴィトン』…

つづきを見る

木下優樹菜を“独占スクープ”で追い詰めるフジテレビ…何があった?

タレント・木下優樹菜の〝タピオカドリンク店脅迫事件〟を1カ月以上も黙殺してきた大手メディア各社が、11月18日の「木下芸能活動自粛発表」を機に、一斉に報道に踏み切った。中でもフジテレビの姿勢が、他局に比べて木下に手厳しいと話題になっている。 事務所を通じた謝罪文と活動自粛の発表から一夜明けた19日、各局はこぞって同騒動…

つづきを見る

木下優樹菜“謝罪風の恫喝”メッセージに呆れ「子供を使うとか最低」

〝タピオカ恫喝〟騒動により、ついに芸能活動自粛に追い込まれたタレントの木下優樹菜。11月19日に放送された『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)は、渦中のタピオカ店関係者から木下の謝罪メッセージを独自で入手。内容を明らかにしたところ、ネット上では「謝罪文やのに上から目線過ぎる」「謝罪風恫喝」などと、新たな驚きの声が…

つづきを見る

ジャニーズ“幹部”東山紀之「たかがクスリ」沢尻エリカ擁護で大炎上!

麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者について、テレビ各局は情報番組やワイドショーで大きく取り上げている。多くの司会者やコメンテーターらは一斉に沢尻容疑者を断罪したが、中には発言に慎重な一部芸能人の姿も…。視聴者からは「身内をかばっているのか」などと、疑問の声が上がった。 「例えば全く畑の違う芸人や、同…

つづきを見る

『旅バラ』炎上? 女性ゲストの“態度”に批判「めっちゃ感じ悪い」

『田川蛭子の旅バラ2時間SP バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅 盛岡~八甲田山』(テレビ東京系)が11月13日に放送された。今回は太川陽介&蛭子能収コンビに南明奈を加えたバスチームと、鉄道マニアの女優・村井美樹、スギちゃん、元『AKB48』西野未姫の鉄道チームが、ゴールの八甲田山を目指し対決した。 「毎回、ゲストが田川と蛭…

つづきを見る

『水ダウ』クロちゃんの公然“枕営業”が大炎上!「バラエティーじゃない」

11月6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の新企画「MONSTER IDOL」が、ネット上で批判にさらされている。 同企画は、女性をドン引きさせる気持ち悪い言動の数々から〝モンスター〟と呼ばれている『安田大サーカス』のクロちゃんに、ゼロからアイドルをプロデュースさせるリアリティーショー。『BiSH』『BiS』…

つづきを見る

木下優樹菜“インスタ500万フォロワー”に疑問! 外国人だらけの怪…

一般人であるタピオカドリンク店の店長に脅迫メッセージを送り、発覚から1カ月たった今なおネット上で炎上している木下優樹菜。騒動後、彼女を巡っては〝キナ臭い〟疑惑が次々と浮上しているが、ここへ来て騒動の発端となったインスタグラムにも、妙な疑惑が上がっている。 木下は自身の姉が働くタピオカドリンク店の店長へ、姉の処遇を巡り、…

つづきを見る

木下優樹菜の“タピオカ騒動”でよみがえった『ヘキサゴンの呪い』

「ヘキサゴンの呪い」は、まだ続いていた…。 2011年に終了した『クイズ!ヘキサゴンⅡ』(フジテレビ系)の主要な出演者は、番組のおかげで一躍人気者になったが、その後の転落ぶりはハンパない。同番組から誕生したユニット『Pabo』として活躍していた木下優樹菜も、タピオカ店恫喝騒動で〝ジ・エンド〟寸前だ。 「番組の絶対的な存…

つづきを見る