物議

『テレ東音楽祭』ZARDの演出が物議「この使い方は…」「イジり回さないで」

6月22日放送の『テレ東音楽祭2022夏~思わず歌いたくなる! 最強ヒットソング100連発~』(テレビ東京系)に、伝説の音楽ユニット『ZARD』のライブバンドメンバーが集結。ボーカルを務めていた坂井泉水さんの映像と共にパフォーマンスを披露したのだが、肝心の演出が物議を醸しているようだ。 同日の番組後半に行われたコーナー…

つづきを見る

『キンチョー』の下品なCMにお茶の間凍る?「攻めすぎ」「これは不快」

〝キンチョー〟の愛称で親しまれている日用品メーカー『大日本除虫菊株式会社』は、個性的なCMを作ることで有名だが、ここ最近は下品すぎる演出に批判の声が上がっているという。 話題に上がったのは『金鳥の渦巻 太巻「いいもん」篇』というCM。 庭師の男が「金鳥の渦巻 太巻」を腰にぶら下げながら作業をしていると、窓際の女性が「い…

つづきを見る

『激レアさん』炎上企業を擁護? ゲストの人選が物議「まじで茶番」

6月20日放送の『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)の激レアさん人選が、物議を醸している。 番組では、「小さい頃からスシロー愛が強すぎて人生すべてをスシローに捧げている人」を紹介。激レアさんでとりあげられたのは、10歳のときに寿司の味に感化され、〝スシローと結婚した〟と宣言するほど同企業に強い想い入れをもってい…

つづきを見る

漫画『毎日かあさん』騒動が飛び火! タンバリン芸人も誹謗中傷被害に…

タンバリン奏者で、お笑い芸人のゴンゾーのツイッターが大荒れしている。 コトの発端は、漫画家・西原理恵子による漫画『毎日かあさん』の〝闇〟を、娘・鴨志田ひよが暴露したことだった。後日、鴨志田の告発に続き、鴨志田と古くから親交がある作家の生島マリカが西原の〝毒親〟ぶりを暴露。 ネット上では西原の内縁の夫である『高須クリニッ…

つづきを見る

BTSの“原爆Tシャツ騒動”をスルー…『スッキリ』の特集にアンチ怒り爆発!

韓国の人気グループ『BTS』が6月14日、YouTubeの公式チャンネルで公開した動画で、グループとしての活動を休止すると発表した。そんな中、『スッキリ』(日本テレビ系)のBTS特集がネット上で物議を醸している。 世界的なブレークを果たしたスターの突然の活動休止に、日本のマスコミも大騒ぎ。 朝から民放各局の情報番組が特…

つづきを見る

市川海老蔵の“親子断食”が物議「虐待では?」「麻央さんから何も学んでない」

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、6月11日から12日にかけて自身のブログを更新。娘の麗禾ちゃんが36時間ぶりに食事したと報告し、物議を醸している。 海老蔵は5日に、ブログでデトックスのため〝プチ断食〟することを明かしていた。今回は、麗禾ちゃんと長男の勸玄くんの稽古の様子を投稿し、《本日、麗禾は水だけ、勸玄はブロッコリーとプロ…

つづきを見る

栗山千明が“撮影禁止”を謝罪も…金沢市『百万石まつり』の対応に疑問

俳優の栗山千明が6月12日に、自身のツイッターを更新。写真撮影が禁止された金沢市の『百万石まつり』の一件を謝罪し、ネット上で賛否の声が上がっている。 栗山は、お祭りのメインイベント『百万石行列』で前田利家の妻・お松の方を演じていた。撮影が禁止になった件について、《百万石まつりを楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳…

つづきを見る

AKB48の企業コラボ炎上! フェミニスト発狂でドン引き「女の敵は女」

大手航空会社『ANA』の公式インスタグラムが〝ルッキズム〟を奨励しているとして、ネット上で物議を醸している。 問題になっているのは「ANA」の公式インスタグラムが6月8日にアップした動画。CAの制服を着た『AKB48』のメンバー4人が、音楽に合わせて手の動きを見せる『TikTok』風のショートムービーだ。 この投稿をI…

つづきを見る

『ドラクエ5』花嫁論争に決着? 運営の贔屓に怒り「不快です」「この差は…」

長年議論されてきたRPG『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』における花嫁論争。公式ゲームが特定の花嫁にあからさまな贔屓をして物議を醸している。 『ドラゴンクエストV』では、ストーリーを進めると、幼馴染のビアンカか、お嬢様のフローラ、どちらかと結婚するというイベントが訪れる。 これは1992年に発売されて以来、〝究極の選択…

つづきを見る

“AKB商法”が日本音楽の国際競争力を奪った? ベテラン評論家の持論が物議

6月6日、音楽評論家の湯川れい子氏が自身のツイッターを更新。〝AKB商法〟に関する持論を展開し、ネット上で物議を醸している。 2018年に湯川氏はツイッターで、韓国と日本の音楽シーンについて言及。韓国と比較して、国家戦略としてアイドルを見る政治力があれば…と日本の現状を憂いていた。 過去の投稿に補足する形で《今更ですが…

つづきを見る