玩具

平和の象徴として拝みたくなる「昭和のアイコン」的科学玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル22【水飲み鳥】~ 4月29日は『昭和の日』です。2007年に制定されたばかりの祝日で、激動の時代を生き抜いた昭和天皇の誕生日です。 “昭和”と聞いて、まず私が思い浮かべる玩具が今回ご紹介する『水飲み鳥』です。1960~1970年代にかけてアイデアショップなどで売られていました。…

つづきを見る

もうお給料入った?昭和の父「権力の象徴」を茶化す駄玩具

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル21【玩具 月給袋】~ 4月末日…新入社員にとっては初給料の支給日。うれしいものですよね。口座振込による支給が当たり前になってから久しいですが、ATMが一般に普及する1980年代半ば頃までは、給料はもちろん手渡しでした。 札束が入った給料袋を手にするのって、口座に振り込まれた金額…

つづきを見る

【これはひどい】昭和の「駄プラモデル」悪ノリぶりに思わず脱帽

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル20【アリイ 鹿のフン】~ 観光にうってつけの季節となりました。ゴールデンウイークには野生の鹿と直接触れ合えることで名高い奈良公園なんていかがでしょう? 5月頃は子鹿と母鹿が親交する姿を見ることができるそうです。 ところで奈良公園の様子を歌にした『奈良の春日野』という楽曲があるの…

つづきを見る

精巧なフィギュアにはないよさ教えてくれる「駄コング」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル19【ヨコタ キングコング当て】~ 先日、話題の映画『キングコング 髑髏島の巨神』を見てきました。最新のCG技術で描かれたリアルで迫力ある映像には、正直度肝を抜かれました。大人の私だってびっくりするほどリアルなのだから、子供が見たら現実か虚構なのか判断できないのではないでしょうか…

つづきを見る

新素材とキャラクターで子供たちを魅了した「新感覚文具」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル18【サンスター ビニパス】~ 4月になると無性に新しい文具が買いたくなります。進学・入学時に文具を買いそろえた名残でしょうか。いまだにキャラクターの絵がついたボールペンなんかをつい、買ってしまいます。使ってないボールペンがたくさんあるんですが(笑)。 そんな私が小学生のときに買…

つづきを見る

自宅で大阪万博を擬似体験?昭和のVRデバイス「3Dビューワー」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル17【学研 パンペット】~ 昨年、“VR(仮想現実)元年”として、家電メーカーやゲーム産業はさまざまな関連商品を市場に投入しました。各社とも新しい需要を開拓しようと躍起になっているようです。 しかし、世間の反応は冷ややかな気がします。これまで何度かメーカー側が“3D”テレビブーム…

つづきを見る

恐ろしげな袋に入ったモノの正体は!?

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル15【東南アジア特産 コブラの卵】~ 昭和40年代半ば、『日本猛毒研究会/日本貿易』という会社から『東南アジア特産 コブラの卵』、『アフリカ特産 トカゲの卵』、『沖縄列島特産 ガラガラ蛇の卵』が発売されました。 《暖かい所に置くと卵がすぐに孵化する》というので評判になり、大ヒット…

つづきを見る

まったく役に立たない「コロンブスの卵」的発想のオマケ

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル12【ユニ坊主】~ “オマケ商法”の嚆矢(こうし:物事の始まり)は大正時代に発売された『グリコ』のカードだそうですが、私が幼少期を過ごした昭和40年代は、まさにオマケ全盛時代でした。その頃も健在だったグリコのオマケをはじめ、『カルビースナック・仮面ライダー』のライダーカードをはじ…

つづきを見る

超能力ブームに当て込んだ「珍玩具」

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル9【超能力 念力スプーン】~ いまから43年前の1974年3月7日夜、自ら“超能力者”を名乗るイスラエル生まれのユリ・ゲラーが、日本テレビ系のテレビ番組『木曜スペシャル』の超能力特番に登場し、金属製のスプーンを、自分の指でさすっただけで“ぐにゃり”と曲げてみせました。 その真偽は…

つづきを見る

昭和におじさんがこぞって買ったボールペンがこれ

「元祖クールジャパン」再検証 ~ファイル8【ヌードペン】~ 春。草木芽吹き、何もかもが新鮮に見えるときめきの季節です。この時季、男性にとってのとっておきの“ときめき”といえば…、春風のイタズラで女性のスカートがひらりとした瞬間でしょう。 1969年に「Oh!モ~レッツ!」の流行語を生み、一世を風靡した丸善石油のCM(猛…

つづきを見る