生活

「間違った習慣」の見直しで自然とお金が貯まるように?

景気回復など全く実感できないまま、景気の後退局面を専門家が見据え始めている。「いまも頑張って節約をしているのに、なぜか思ったほど貯まらない…。これからどうなるの――」と、悲観的になる前に、普段の生活のなかに“間違った習慣”がないかもう一度見直してみよう。 銀行から引き出しをするときに、ついやりがちなのがコンビニのATM…

つづきを見る

不慮の病気や怪我に…「生きていくための保険」が流行

最近、中高年の過労による入院や、うつなどによって就業できなくなるケースが増えている。長期にわたって働けなくなると、心配になってくるのが生活費のこと。総務省の『家計調査』のデータによると、2016年のふたり以上の世帯の消費支出は、1カ月平均が30万9591円だという。実際にはこれらの支出のほかにも住宅ローンなどが加わって…

つづきを見る

去年の冬に評判がよかった「寒さ対策グッズ」をおさらい

いよいよ本格的な冬シーズンの到来だ。冷え性の方は衣類に工夫をしたり、就寝時には1枚余計に毛布をかけたりするなど、寒さ対策に追われる日々が続くが、今回は巷で評判だったオススメ“寒さ対策グッズ”をおさらいしよう。   レディウォーマー「へそきゅう」 昨年3月に発売以来、口コミなどでその評判が広まったあったかグッズ。おやすみ…

つづきを見る

もらえる年金が増える「付加年金」とは?

老後に自分がもらえる年金がいくらになるのか――。現在働いているほとんどの人が気になっていることだろう。会社員など厚生年金に加入している人は、収入が上がれば年金も増えるが、国民年金加入者の場合、収入にかかわらず保険料は一定なので、将来受け取ることのできる金額は原則として同じになる。しかし、諦めてはいけない。国民年金を増や…

つづきを見る

後悔しない賃貸物件選び「6つ」のポイント

すっかり季節も秋めいてきたが、10月は会社員の転勤や結婚に合わせた“引っ越しシーズン”でもある。特に、新生活を始める人に向けて完成する新築物件が抱負な時期なので、よりよい条件の部屋を探すには最適と言える。 しかし、物件をよく見ずに「新築だから」「便利だから」とあまり考えずに決めてしまい、引っ越してから「住まなきゃよかっ…

つづきを見る

Stopwatch isolated on blue

三日坊主にも効果的!時間のムダをなくすタイマー活用術

毎日、忙しい仕事に追われ、家に帰っても家事がなかなか終わらない…。そんなときはタイマーを使うのがおすすめだ。 「忙しい、忙しい」と思いながらも、意外と無駄な時間は多いもの。そういえば昨日の夕食後も、ついついテレビを見ながらダラダラと過ごしてしまった、なんてことはないだろうか。 そんなとき、タイマーを使って時間を決めて休…

つづきを見る

意外とお洒落?あまりに優雅な大正時代の「自動ハエ取り器」

昔は夏になると、どこからともなく現れるハエに悩まされたものですが、最近は公衆衛生対策が進んだせいか、一般家庭ではあまりイエバエなどの大型のハエを見掛けなくなりました。わたしがまだ子供だった1960~1970年代は東京都内でも住宅地のそこらじゅうに犬のフンが落ちていて、大きなギンバエがブンブンとたかっていたものです。 そ…

つづきを見る

予定のない夏休み「プチ幸せ」を感じる5つの過ごし方!

短い夏休みをどう過ごすか。いまから旅行の予約を取るのはかなり苦労しそうであり、だからといって家の掃除で終わってしまうのも何だかもったいない。そんなときに、ちょっとしたアイデアで楽しんでみてはどうだろう。    【その1】気になっていた珍しいフルーツを買ってみる 例えばフルーツの女王といわれるマンゴスチン。最近ではスーパ…

つづきを見る

Woman looking aside and holding diary

毎日ほんの数分で幸せを呼び込む「3行日記」のススメ

「最近、何となく疲れてイライラ」という人におすすめなのが、毎日“3行日記”を書くだけで幸せになるという方法。自律神経研究の第一人者である小林弘幸先生も10年間実践しているという。 この3行日記は、夜の寝る前に1行×3テーマをつけるだけ。 きょういちばん失敗したこと きょういちばん感動したこと あしたの目標 なぜ、この3…

つづきを見る

外来種生物が自然にもたらす「良い影響」に関する議論

外来種と言えば、琵琶湖の在来種を脅かすブルーギルやブラックバスがまず頭に浮かぶ人も多いだろう。ほかでは、私立の動物園が破たんして逃げ出し野生化した小型のシカであるキョンや、ニホンザルとの交雑個体が発見された台湾ザルなども、人間の生活や生態系に多くの影響を与えている。最近では、台湾タケクマバチが、農耕地や庭にある水まきホ…

つづきを見る