生田絵梨花

『世にも奇妙な物語』人気ゲームのBGM使用で物議! 批判を集めた理由とは…

先日、『FINAL FANTASY X』(FFX)の映像や音声を使用した二次創作動画が大きな話題になった。予想外の反響に、発売元の『スクウェア・エニックス』が対応に乗り出す事態にまで発展したのだが、ここにきて再び騒動を蒸し返すようなことが起こってしまった。 「物議を醸したのは、『YouTube』や『ニコニコ動画』に投稿…

つづきを見る

元『乃木坂46』生田絵梨花のキスシーンにファン絶望「見たくない」「泣くぞ」

俳優・長澤まさみが主演を務める大ヒットドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。その劇場版最新作『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開が、1月14日から全国で始まった。同作には元『乃木坂46』生田絵梨花も出演しており大きな話題を呼んでいるが、キスシーンがあるようで、ネット上に悲鳴が続出している。 「コンフィデ…

つづきを見る

『乃木坂46』星野みなみに救済措置?「ただの茶番」「不愉快」と冷めるファン

今年いっぱいをもってグループを卒業する『乃木坂46』の生田絵梨花。彼女の卒業コンサートが12月14日、15日の2日間にわたって開催されたのだが、そこには熱愛報道でお馴染みのメンバー・星野みなみも出演していた。そしてコンサートでは星野のスキャンダルを払拭するような演出もあり、ファンから冷ややかな声が続出している。 15日…

つづきを見る

乃木坂46『紅白』出場見合わせ!? 卒業する生田絵梨花が不憫すぎる…

11月15日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、アイドルグループ『乃木坂46』が登場。先月卒業を発表した生田絵梨花の〝卒業ソング〟が披露されたが、熱愛騒動から復帰したばかりの星野みなみが晴れの舞台を台無しにしてしまったようだ。 「乃木坂」は、『東京国立博物館』から中継で出演。メンバーの中には、生田をはじ…

つづきを見る

映画『コンフィデンスマン』新キャストに三浦春馬さんのファン動揺「心が痛い」

俳優・長澤まさみ主演の人気ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の劇場版第3弾で、来年1月公開予定の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』。11月8日に新キャストが発表されたが、なぜか昨年7月に亡くなった三浦春馬さんのファンが過剰に反応を示しているようだ。 『コンフィデンスマンJP』は、悪徳な方法で大金を稼ぐ…

つづきを見る

『乃木坂46』生田絵梨花の“黒歴史”が再び話題に「さすがに引く」

アイドルグループ『乃木坂46』生田絵梨花の〝黒歴史〟が再び話題になっている。 生田は9月26日、グループの冠バラエティー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に出演。この日の番組では「期別対抗 料理クイーン決定戦」と題し、生田に加え、秋元真夏、高山一実の1期生チームと、鈴木絢音、北野日奈子、新内眞衣の2期生チームが「彼氏…

つづきを見る

『CDTV』乃木坂46メンバーが“衝突”「放送事故」「絶対わざとだろw」

アイドルグループ『乃木坂46』が、6月14日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)に出演。曲の途中にメンバー同士が衝突したのではないかと、ファンの間で話題になっている。 彼女らは、9日に発売されたシングルのカップリング曲『全部、夢のまま』を披露。2番のサビ前、メンバーが隊列をそろえる直前、前列右側で秋元真夏はカ…

つづきを見る

karasu_RGB

『イチケイのカラス』“ネタ被り”の珍ハプニング!「ドラゴン桜と同じ展開…」

5月3日、竹野内豊の主演ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)第5話が放送された。前日に放送されたドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)第2話と、話が丸被りする珍事が起こっている。 『イチケイのカラス』の主人公は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官・入間みちお(竹野内)。自由奔放で型破りなみち…

つづきを見る

『ヒルナンデス』河北麻友子の“途中退席”にドヨめき 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(8/6配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 河北麻友子 : 『ヒルナンデス』河北麻友子の“途中退席”にドヨめき「常識ないんだな」 …

つづきを見る

三浦春馬さんの死から立ち直れていない?『乃木坂46』生田絵梨花に心配の声

8月3日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、『乃木坂46』が出演。小室哲哉が作曲を手掛ける話題の楽曲『Route 246』を披露したのだが、メンバーの生田絵梨花の暗い印象を受ける表情に、視聴者から心配の声が上がっていた。 同楽曲は小室らしいハイテンポなダンスチューンで、笑顔を振りまきながら歌うような雰囲…

つづきを見る