男女平等

55年ぶり『ノーベル物理学賞』女性の受賞… 欧州男社会の実態

女性の役員や政治家が少ないと日本を非難する欧州の国々。しかし他国のことをとやかく言えるのだろうか。このたび、カナダ・ウォータールー大学のドナ・ストリックランド博士がノーベル物理学賞は受賞したのだが、女性としては55年ぶりのことだという。 同博士は1903年のマリー・キューリー氏、1963年のマリア・ゲッパート=マイヤー…

つづきを見る

「女性が輝く日本」とはほど遠い惨憺たる現実

ダボス会議で知られる世界経済フォーラム(本部ジュネーブ)が11月2日、今年の『世界男女格差年次報告書(ジェンダーギャップ指数)』を発表した。日本は調査対象となった144カ国中114位で、過去最低だった前年の111位からさらに後退。主要7カ国(G7)では最下位だった。 この年次報告書では、『経済活動への参加と機会』(経済…

つづきを見る

いずれ世界から消えるかもしれない「女子大」という存在

およそ1年前に、福岡県内に住む20代の男性が、公立福岡女子大学の社会人枠に入学願書を提出したものの受理されず、男性であることを理由に拒否するのは憲法違反だと訴えた、『福岡女子大訴訟』というのがあった。 「大学側は『(設立目的は)女性リーダーの育成』を不受理の理由として挙げ、請求の棄却を求めました。しかし、この男性は公立…

つづきを見る

映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」で浮き彫りになった日本の貧困さ

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002年)でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞し、『華氏911』(2004年)ではカンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞したマイケル・ムーア監督の最新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』が上映中だ。 同映画は、ムーア監督自身が主にヨーロッパの国々に行き、…

つづきを見る