疑問の声

ユーチューバー・ヒカルの“車”に疑問…「ディーラー通して買ってないの?」

人気ユーチューバーのヒカルが12月1日、『警察の方々にお世話になってしまいました』と題した動画を公開。警察官に囲まれた写真などが、SNS上で拡散されていることについて事情を説明した。 ヒカルは、「昨日、僕は警察の方にお世話になってしまいまして、それについて路上で警察官の方5人ぐらいに囲まれてるような画があったんですよ。…

つづきを見る

カズレーザーの“鬼束ちひろ擁護”が的外れ?「現実的には通用しない」

『メイプル超合金』のカズレーザーが12月3日、スペシャルキャスターを務める『めざまし8』(フジテレビ系)に生出演。救急車を蹴ったとして現行犯逮捕され、11月30日に釈放された歌手の鬼束ちひろに言及した。 鬼束は2日、自身のツイッターを更新。《この度は、私の不適切な行動により、多くの皆様にご迷惑をおかけしました事を、心よ…

つづきを見る

木村拓哉の“主演男優賞”に疑問の声「忖度ハンパない」「ちょ待てよ!」

『第46回報知映画賞』の受賞者・受賞作品が11月30日に発表。俳優の木村拓哉が『マスカレード・ナイト』で主演男優賞、永野芽郁が『地獄の花園』『そして、バトンは渡された』で主演女優賞をそれぞれ初受賞した。 木村はデビューから30周年を迎えた節目の年で、初の主演男優賞を受賞。「本当にたくさんの作品や役者さんがいる中で選んで…

つづきを見る

『仰天ニュース』の“耳かき店員殺人事件”特集に疑問「放送内容と違った」

11月23日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)は、2009年に発生した「秋葉原耳かき店員殺人事件」を特集。その放送内容が、ネット上で議論を巻き起こしている。 番組で取り上げたのは、加害男性が、被害女性と出会ってから犯行に及ぶまでの経緯。聞き慣れない「耳かき店」のサービス内容や、被害女性の生い立ちなどの背景が…

つづきを見る

中川翔子がモブすぎる? ドラマ『ハンオシ』に悲しみ「存在感薄い」

11月23日、清野菜名と坂口健太郎が共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第6話が放送された。その中で、タレント・中川翔子の役回りをめぐって疑問の声があがっている。 主人公の大加戸明葉(清野)は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。いつか独立し、広告で賞を取ることを目標に独身を謳歌していた。しかし…

つづきを見る

格闘家・朝倉未来が“炎上”謝罪も…だんまりを決め込むネットテレビ局に批判

総合格闘家でユーチューバーの朝倉未来が11月24日、自身のYouTubeチャンネルを更新。「弱い者いじめをしていたように見えて、よくなかった」と〝ケンカマッチ〟を謝罪した。 朝倉は、『ABEMA PPV ONLINE LIVE』にて生配信された『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』が物議を醸していること…

つづきを見る

浜崎あゆみ“思わせぶり告知”にファンも呆れ…「落ちぶれた感ハンパない」

アナフィラキシーショックで一時意識不明となり、療養していた歌手の浜崎あゆみが11月22日に自身のインスタグラムを更新。意味深な予告の答えを発表したが、ネット上では呆れ声が広がっている。 浜崎は事前にインスタグラムのストーリーズで、12時に何らかの発表をすることをタイマー付きで予告。病気の原因を明かすのではないかと、ファ…

つづきを見る

『ミヤネ屋』偏向報道!? 熊田曜子を一方的に擁護「公平じゃない」「卑怯」

11月9日放送の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が、タレント・熊田曜子と夫の間で勃発している〝DV裁判〟を報道。一方的に夫を断罪し、視聴者から批判が殺到している。 この日、番組ではDV裁判で熊田と夫が直接対決したことを取り上げ、熊田が夫から平手打ちされるなどDVの被害にあっていたことを紹介。熊田が証拠と…

つづきを見る

伊藤かずえの“新車”に車好きがイチャモン「ステマに思えてくる」

俳優の伊藤かずえが11月8日、自身のインスタグラムを更新。新しい愛車を迎え入れたことを報告したが、ネット上では賛否の声があがっている。 伊藤は《ノート 新車きました! 主に妹が乗りますが、我が家の新しい家族です!》とつづり、ピカピカの日産ノートの動画を投稿した。 この投稿をInstagramで見る 伊藤かずえ(@ka…

つづきを見る

浜崎あゆみ“ライブ当日中止”にファンも疑問「悲しいです」「ありえない」

歌手の浜崎あゆみが急性アレルギー反応のアナフィラキシーショックを起こし、一時意識不明となっていたことがわかった。 公式ウェブサイトでは11月7日、『浜崎あゆみ経過のご報告』と題し、《意識不明の状態が続いておりましたが、先ほど意識が戻り現在は容態も徐々に安定して参りました。引き続き医師の指導に従い、治療に専念して参ります…

つづきを見る