痛快TV スカッとジャパン

「この番組好きな人この世にいるの?」“芸能人のカラオケ”を視聴する層とは…

10月に放送された第1弾の好評を受け、12月14日に早くも第2弾が放送された『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の派生番組『スカッとカラオケ特別編』。しかし、ただ芸能人のカラオケを垂れ流すという企画に、呆れ声が噴出していた。 同番組は、誰もが知っている名曲を、サビの一部分の歌詞を隠した状態で、間違えずに歌い上げ…

つづきを見る

梶原雄太は『キングコング』じゃない!? 肩書きに滲む“事実上”のコンビ解消

お笑いコンビ『キングコング』が、個別の活動増加により、事実上の〝コンビ解消〟に陥っているようだ。 12月14日、コンビのボケ担当の梶原雄太が、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の派生番組『スカッとカラオケ特別編! 誰もが歌える日本の名曲SP』に出演した。同番組は、歌詞の一部を隠した状態でカラオケに挑み、名曲を…

つづきを見る

宮根誠司“嫌われすぎて好評価”の珍現象発生!「感じ悪すぎてオモロイ」

〝嫌いなキャスター〟の上位常連であるフリーアナウンサー・宮根誠司が、8月31日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)2時間SPに出演。再現VTRがあまりのハマリ役だったため、ウザ過ぎて好評を得るという逆転現象を引き起こした。 宮根が出演したのは、笹野高史が演じる番組の名物キャラ「スカッとばあちゃん」の再現…

つづきを見る

41歳・小林麻耶の“ぶりっ子キャラ”に限界説…「さすがに痛々しい」

7月27日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に、元TBSアナウンサーの小林麻耶が出演。再現ドラマ内で〝ぶりっ子女〟を演じたが、視聴者の反応は冷ややかだったようだ。 小林が演じたのは、視聴者の体験談を基にした「女性らしく! 可愛く!」が口グセの〝ぶりっ子な上司〟。役職はテレアポ業務の教育係で、「み…

つづきを見る

長澤まさみの“大好物”に驚きの声続出「もうキスできない!」

女優の長澤まさみが7月27日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に出演。好きな食べ物を明かしたが、これに驚く視聴者が続出している。 番組では、長澤が詐欺師の役で主演する映画『コンフィデンスマンJP-ロマンス編-』にちなみ、長澤の嘘を見抜くクイズを企画。納豆、ジェットコースター、コオロギのうち、苦手なもの…

つづきを見る

島崎遥香の“さりげない胸チラ”に視聴者大興奮!「最高すぎる」

7月6日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)で、VTRに元『AKB48』の島崎遥香が出演。態度が悪すぎる〝塩店員〟を熱演したのだが、視聴者の視線は彼女の〝胸チラ〟に集中していたようだ。 VTRの内容は、島崎演じる塩店員がおじさんに説教されて態度を改めるというもの。島崎は客からおススメのメニューを聞かれて「…

つづきを見る

ドン引き! 若槻千夏の趣味は「指原と一緒にネットパトロール」

バラエティーに引っ張りだこの人気タレント・若槻千夏が、6月15日放送の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)にて、同じくバラエティーで人気の指原莉乃とのエピソードを告白した。しかし、ネット上ではこのエピソードに「性格悪過ぎ」などと非難が集まっている。 同日、番組内では〝嫌いな女〟について明かす場面が訪れ、若槻は「…

つづきを見る

青木さやか“激太り”で視聴者騒然「誰だか分らなかった」「顔パンパン」

5月25日に放送された『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に、お笑いタレントの青木さやかがVTR出演。変わり果てた彼女の〝風貌〟に、ネット上では驚きの声が続出している。 この番組は、身の回りで起こった〝スカッ〟とする話をドラマ仕立てで届ける痛快ドラマバラエティー。今回の放送では「スーパーにいた! 迷惑客2連発…

つづきを見る

広瀬すずが指原莉乃を強烈ディス!?「めんどくさいなって思う」

3月16日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に広瀬すずが出演。指原莉乃にケンカを売ったと話題になっている。 〝苦手な女性のタイプ〟を明かすトークに入ったとき、話を振られた広瀬は、「SNSをやられている方が、〝自分が嫌いな対象の女性〟が上げているような写真を、『これ女子が上げるやつ~』って言って上げてい…

つづきを見る

指原莉乃が『乃木坂46』山下美月にダメ出し…「あーあ、言っちゃった」

2月17日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)に指原莉乃が出演。『乃木坂46』の山下美月が演じた再現ドラマに〝ダメ出し〟をしたが、視聴者から反発される展開となっている。 放送されたのは高校3年の女子が主役のドラマ。不良グループの女子が天文好きのオタク男子と知り合い、交流を深めていくストーリーだった。 再…

つづきを見る