痴漢

日本とあまりに違うイギリス地下鉄の「痴漢容疑者」対応

日本ではここ最近、電車内で発生した痴漢行為が連日のように報道されている。たとえ冤罪だったとしても「駅員室へ入った段階で警察に引き渡され逃れることができなくなる」という噂が広まったことで、線路を逃走して死傷者を出す事故も起きた。もちろん、列車に遅延が発生するため数万人単位で影響が出ることもある。 痴漢行為は日本だけに見ら…

つづきを見る

線路への逃走は絶対ダメ!痴漢冤罪の「対処法」

このところ、痴漢冤罪絡みの線路逃走事件が多い。JRだけで5月に京浜東北線・新橋駅と上野駅。4月には埼京線・板橋駅、総武線・両国駅、埼京線・新宿駅、3月には総武線・御茶ノ水駅、埼京線・池袋駅、埼京線・赤羽駅で逃走事件があった。 なぜ痴漢の疑いをかけられた男性は線路に逃げるのか。 「かつて、痴漢冤罪を扱ったテレビ番組で、弁…

つづきを見る

電車痴漢しても「諭旨解雇」は無効判決!裁判官の人材不足の恐ろしさ

昨年12月25日に大手新聞も驚く意外な裁判判決が出た。 電車内で痴漢をしたとして略式命令を受けた東京メトロの元男性社員が、諭旨解雇は不当だと訴えた裁判で、東京地裁は解雇を無効とする判決を言い渡した。 「男性は2013年12月、出勤のため乗車していた東京メトロ車内で、当時14歳の女性のお尻などを服の上から約5分間触った疑…

つづきを見る