石坂浩二

夏目三久、石坂浩二、ミッツ… テレビ番組の“闇が深い”降板劇

今年4月より、石橋貴明がMCを務める番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)から、同じくMCだったミッツ・マングローブが何のアナウンスもないまま卒業した。 当初は〝たまたま休み〟だとも考えられたが、番組公式サイトから名前が消えており、降板したことは明らかだ。この無言での降板に、ネット上では、 《しれっといなくな…

つづきを見る

男性芸能人の「熟年離婚」に共通する2項目

歌手の橋幸夫が、47年間連れ添った妻と昨年末に“熟年離婚”していたと明らかになった。そしてその直後に、50代後半の一般女性と“スピード再婚”していたことも判明し、二度、世間を驚かせた。 「橋が一昨年の11月から別居していたのは知られていました。しかし、いきなりの離婚報道で何かあるなと思ったら、実は再婚していた。橋は以前…

つづきを見る

シニア向け昼ドラマ「やすらぎの郷」人気の秘密

シニア向けのドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)が好調だ。 ドラマの舞台は、テレビの全盛期を支えた俳優、作家、ミュージシャンなど“テレビ人”だけが入居できる老人ホーム『やすらぎの郷』。かつて一世を風靡したシナリオライターの菊村栄(石坂浩二)を中心に、入居者である往年の大スターたちの姿を描いている。 出演者は石坂をはじ…

つづきを見る

Joyful woman grandma promoter

上沼恵美子が「ひどい男」石坂浩二の悪行暴露

上沼恵美子が4月23日放送のバラエティー番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、石坂浩二と浅丘ルリ子の離婚について触れた。 同番組では石坂浩二主演の昼の連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)を話題に取り上げた。このドラマは名作『北の国から』(フジテレビ系)を手掛けた倉本聰が脚本を書き下ろし、テレビ界に大きな…

つづきを見る

石坂浩二「なんでも鑑定団」降板で「今田耕司も不要」との声

長年続いているバラエティー番組『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)の、MCを務めてきた石坂浩二(74)の降板が大きな波紋呼んでいる。本サイト『まいじつ』にも反響があり、「降ろすなら今田耕司(46)のほう」という声が数多く寄せられている。 では、なぜ石坂降板という事態になったのか。原因は昨日今日にはじまったことではな…

つづきを見る