社会問題

SONY DSC

あなたはいくつ持っていますか? 推計12億もあるという「休眠口座」問題

いま、日本国民の約半数が『休眠口座』を所持しているといい、問題になっている。 休眠口座とは、取扱金融商品や金融機関により考え方が違うが、概ね「全く取引がない状態で5年か10年を経過した預金口座」のことを指す。毎年850~1000億円が積み上がっていくといわれており、その対象口座は12億口座との推計もある。その総額の全容…

つづきを見る

クレジットカード

スマホケースに定期券やクレジットカードを入れている人のトラブル報告が多数発生中

国民生活センターにスマートフォンケースのトラブルが寄せられている。 トラブルは2種類あり、いずれの場合も深刻な問題になる場合があるという。 一つは、透明なケースの中に液体と星型やハート型のラメが入っているスマホケースのトラブル相談だ。 ケースから液体が漏れた場合に、肌がかぶれたり火傷をする事例が確認されている。そのため…

つづきを見る

映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」で浮き彫りになった日本の貧困さ

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002年)でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞し、『華氏911』(2004年)ではカンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞したマイケル・ムーア監督の最新作『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』が上映中だ。 同映画は、ムーア監督自身が主にヨーロッパの国々に行き、…

つづきを見る

中国人の抗生物質の過剰摂取と爆買いされる日本製漢方薬

中国の健康問題が深刻だ。医療の専門家によると、中国の医師は抗生物質を過剰に投与する傾向があるという。 抗生物質の乱用は、治療可能な病気でも薬に対する耐性が強くなるなど、保健衛生にとって世界的なリスクとなりかねない。 上海で就学児童を対象に同地の復旦大学が行った調査によると、被験者約500人の8割から、少なくとも1種類の…

つづきを見る

人生を豊かにする60分 「昼活」がワーキングマザーの増加も促している

一時期、『朝活』という言葉と行動が取り上げられ、自分のスキルを伸ばすための方法として話題になった。 そして、今度は『昼活』に流行の兆しが見えるという。 今年1月に食品メーカーの『フジッコ』が行った調査では、「ランチタイムは食べるだけでなく、好きなことをしたい」と回答した会社員が8割に上った。 昼を有効に活用したいという…

つづきを見る

看護師と車椅子

看護師不足改善の邪魔をしているのは「労働者派遣法」

病院の看護師不足が一向に解消されない。 数字上での有資格者(医療専門職)は不足していない。それなのに、人材が不足しているのには、ある問題が存在するからだ。 医療機関に有資格者を人材派遣することは、『労働者派遣法』とその施行令で禁じられている。 看護師の募集だけで人材不足が解消されない病院が頼るのは、人材紹介会社だ。ざっ…

つづきを見る

急増する自転車事故防止に「免許制」と「保健義務化」の声

いまインターネット上の意見を中心に、自転車を免許制にするべきだという声が挙がっている。 最近の自転車はバイク並みの危険性がある。特に危険なのが電動アシスト付き自転車だ。 「充電池を搭載し、モーターで自力走行を助けることから、『電動アシスト車』と呼ばれるようになった。速度の上限は24km/hと道路交通法で定められています…

つづきを見る

Little animal, mouse, rural vivid colorful theme

殺そ剤の効かない「スーパークマネズミ」が各地で増殖中

東京都で、クマネズミによる被害の相談件数は年間約7000件にも上る。 クマネズミは下水溝や下水管に潜み、電線や壁を伝って垂直方向への移動する運動を得意とする。家屋の柱や電線ケーブルをかじるだけでなく、感染症をまき散らすため、大震災に見舞われた熊本や大分では今後の被害が懸念されている。 「クマネズミは非常に警戒心が強く、…

つづきを見る

診療報酬改定で「大病院再診料2500円」になった本当の狙い

今年4月に実施された診療報酬改定で、紹介状を持たずに大病院を受診した場合、通常の医療費に加えて、初診で5000円以上、再診で2500円以上の全額自己負担が義務化されることになった。 大病院に行く度に間違いなく2500円以上かかるのは痛い。 大病院とされているのは、500床以上の病院や、大学病院などの特定機能病院に指定さ…

つづきを見る

高層マンションの増加で生まれた「高所平気症」の子供たち

マンションの高層階のベランダから、子供が転落して命を落とす事故が後を絶たない。 マンションで生活する子育て世帯の増加により、幼少期から高い場所で生活することで高所に恐怖心を抱かない、いわゆる“高所平気症”の子供が増えていると、専門家は警鐘を鳴らしている。 子供は、時として予想のつかない行動を取る。2014年4月には、東…

つづきを見る