社会問題

低コスト化の見通し立つ「太陽光・風力発電」なぜ普及しない?

経済産業省は、原子力発電所の新設や建て替えの必要性に関する議論を近く始めるという。これを報じたYahoo!ニュースのコメント欄には《いつ福島の件が最終決着するか分からない。新設の議論は時期尚早》、《諸問題解決するめどが立たないのに新設するの?それなんか意味あるの?》など否定的な意見が圧倒的に多かった。 温室効果ガス削減…

つづきを見る

詐欺で摘発された「クレーンゲーム機」の真実

ゲームセンターに設置されている『クレーンゲーム』で高額な商品をもらえるとうたいながら、実際には機械に細工して商品が取れないようにし、客から料金をだまし取ったとしてゲームセンターの経営者らが詐欺の疑いで逮捕された。 問題となっているゲームセンターは、店に来た客の前で商品を釣り上げるところを実演してみせ、実際に客がプレイす…

つづきを見る

耐震補強を阻む意外な要因は「高齢化問題」

いつ来るか分からない災害より、きょうの食事を豪華にした方がいい…。そう考える気持ちも分からないでもない。災害時に緊急車両の通行の妨げになる狭い道路脇の住宅に住む高齢者のなかには、「生きてもあと数年、耐震化負担は御免、このままで構わない」という人もいるだろう。 東京都は、昨年3月までに耐震化100%の目標を掲げていたが、…

つづきを見る

若者世代の新常識「まずはメール」

最近では、メールやスカイプ、LINEなどを使って相手とやり取りをするのはもはや当たり前だ。その一方で、電話で連絡を取りたがらない人が急激に増えているという。 実際、物心ついたときから家に固定電話がないという人や、あってもほとんど使ったことがないという10代や20代は決して珍しくない。 そんな若者世代の新常識が“まずはメ…

つづきを見る

NHK「クロ現+」アラフォー特集で怒りが収まらない同世代

12月14日に放送された『クローズアップ現代+』(NHK)の『アラフォークライシス』特集が話題になっている。 番組では《アラフォー世代の給与だけがダウン。40代前半では、5年前に比べて2万円以上も下がっていた》と紹介された。それだけにとどまらず、35歳から44歳までのアラフォー世代の労働者およそ1500万人のうち、38…

つづきを見る

訪日外国人が困惑する「信号機のない横断歩道」のルール

信号機のない横断歩道を渡る若い女性、それを前方に捉えた『シルバーマーク』を添付した自動車がクラクションを鳴らす。女性は「むっ」とにらみ返す…。 これはどちらが悪いのか――。横断中なので当然ながら自動車が悪いのだが、実は日本の道路交通法では“信号機のない横断歩道”について中途半端な表記が問題になりかねない。世界標準は、横…

つづきを見る

教員不足解消のための大量採用が「学級崩壊」を招いていた!

1日の平均勤務時間が11時間を超え、過労死のリスクが高いと言われているのが小中学校の教員だ。それならば採用人数を増やし、現場の人手不足を解消させればいいかといえば、そう単純な問題ではない。 首都圏にある某県では、過労死対策として教員を大量に採用し、少人数学級を実現した。これで担任の数も増え、教員の多忙化にも歯止めが掛か…

つづきを見る

安室奈美恵引退ツアーの「チケット詐欺」が増殖中

来年9月で引退する安室奈美恵の5大ドームツアー(来年2月~6月)のチケットが、とんでもない争奪戦になっている。先行予約の抽選に応募が殺到し、多くのファンにチケットが回り切らない可能性があるばかりか、これまで芸能界の人脈に頼って関係者席を押さえていた音楽業界人さえ、チケット確保が難しい状況だという。 「この事情に付け込ん…

つづきを見る

ネットで巻き起こったリアルな「ロスジェネの逆襲」

世の中の“人手不足”が話題だ。全国の小中学校での教員不足や、ファミリーレストランが24時間営業をやめるのも、もはや珍しくない。いまやサービス業にとどまらず、製造業やIT関連へも波及しているという。 そんななか、化学最大手『旭化成』の小堀秀毅社長の発言が、インターネットで波紋を広げている。 その発言は12月7日の朝日新聞…

つづきを見る

スマートフォンは人間の「手の形」を変えるかもしれない

現代人はもはや手放せないスマートフォン。それが、人間の手の形を変える可能性がある――。 最新の研究により、グロテスクな予測がもたらされた。人間がスマホを効果的に操作するためには、次の画像のような手と指に変形する必然性があるというのだ。 ある科学研究家は「いまやスマホは電話ではなく、銀行口座であり、クレジットカードでもあ…

つづきを見る