稀勢の里

稀勢の里またも休場「ワースト記録更新」それでも引退しない理由

大相撲の横綱・稀勢の里が、7月8日に初日を迎える名古屋場所を休場する。師匠の田子ノ浦親方が「今場所に向けて一生懸命やってきたが、もう少し時間をいただいて、次の場所に向けて、もう1回やらせていただきたい。チャンスをもらえれば。今場所は休場させていただきたい」と話した。 稀勢の里の休場は8場所連続9度目で、今年の春場所から…

つづきを見る

稀勢の里「7場所連続休場」で問われる横綱の存在意義

大相撲の横綱の稀勢の里が、5月13日から始まる夏場所(両国国技館)を休場することが決まった。横綱の7場所連続休場は、年6場所制となった1958年以降、貴乃花と並んで最長。「今場所に進退を懸ける」としていたが、次に出場する場所に持ち越されることとなった。 「今月3日の横綱審議委員会による稽古総見で精彩を欠くなど、稀勢の里…

つづきを見る

小倉智昭の横綱に対するコメントが炎上

1月19日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)は番組の冒頭で、大相撲初場所5日目までに4敗を喫した横綱の稀勢の里が、6日目から休場することが決まったと速報で報じた。 キャスターの小倉智昭は「昨日の一番、土俵から下に落ちてなかなか起き上がれなかったですね。稀勢の里らしさが全くなかった」とコメントした。その上で小倉は、横綱…

つづきを見る

前半戦に弱い昔の稀勢の里に逆戻り…心配される「燃え尽き症候群」

大相撲の横綱である稀勢の里が、名古屋場所3日目で早くも2敗目を喫した。栃ノ心に前まわしをがっちり取られ、引きつけられつつ押し出されると、何もできずに土俵を割った。 「心配なのは、稀勢の里がすでに“燃え尽き症候群”に陥っているのではないかということ。この取り組みでも立ち会い前は、気合い十分に仕切る栃ノ心に対して、何だかま…

つづきを見る

稀勢の里に合コン「寄り切り」狙う女性タレントたち

大相撲春場所は、新横綱の稀勢の里が13日目に左肩付近を負傷したが、大逆転の優勝をはたして幕を閉じた。 「この驚きの結果に感動した人々が大勢ファンになっています。稀勢の里はこの春場所で、名横綱への階段を上り始めました」(相撲ジャーナリスト) すでに、稀勢の里には横綱としての風格が漂う。そのためか、芸能界で“合コン相手”と…

つづきを見る

元朝青龍が新横綱・稀勢の里を利用しようと接近を企てる

大相撲初場所で初優勝を決め、第72代横綱になった稀勢の里が「いっぱしの力士になるまでは私生活は後回しにする」と現役での独身を宣言した。 そんな真面目な稀勢の里に、かつて“かわいがって”いた元横綱朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏が、接近を試みているという話が伝わって来た。現在のダグワドルジ氏は実業家で、銀行や広告、…

つづきを見る

微妙な成績で先場所を終えた稀勢の里の処遇に困る相撲協会

相撲界にとって、大関の稀勢の里(30)が悩みの種になりつつある。先の九州場所では3横綱から立て続けに勝ち星を挙げたことで、初場所(来年1月8日初日)が綱取りの挑戦場所になるのかならないのか、論争が起こっている。 稀勢の里が勝ったときの相撲内容は文句なしに横綱候補だ。ところが、負けた相撲はまるで自分の力を持て余し、自滅す…

つづきを見る

優勝力士が5名も出た今年の大相撲――来年はより一層の波乱の予感

本年を締めくくる大相撲11月場所が終わり、本場所を終えた力士たちはいま、九州と沖縄を回る冬巡業の真っ最中だ。今年は相撲界にとってどういう1年だったのか、振り返ってみよう。 今年は大関の活躍が目立った年だった。初場所の琴奨菊の優勝を皮切りに、稀勢の里が夏、名古屋、秋場所と3場所連続して綱取りに挑んだ。さらに秋場所は豪栄道…

つづきを見る

唯一優勝経験のない大関になった稀勢の里の「横綱にする会」がひっそりと解散

大相撲秋場所は、大関の豪栄道(30)が角番からの奇跡的な全勝優勝を果たし、幕を閉じた。 この、日本中の相撲ファンを熱くした熱狂はまだ当分収まりそうもない。 豪栄道は、9月29日に出身地の大阪に凱旋した。松井一郎大阪府知事を表敬訪問し、府民栄誉賞に当たる『感動大阪大賞』を受賞。このときはテレビカメラが7台、報道陣は50名…

つづきを見る

ファンだけではなく相撲関係者も全員期待している稀勢の里の綱取り

9月11日から、大相撲秋場所が東京の両国国技館で始まった。 相撲ファンの熱い視線を一身に集めているのが、3場所連続して綱取りに挑んでいる、大関の稀勢の里(30)だ。日本出身横綱が不在になって13年半になる。新しい和製横綱を見たいという願いが、稀勢の里に集中している。まさにここが正念場だ。 「協会首脳は祈るような思いで見…

つづきを見る