立憲民主党

蓮舫議員「お前が言うな!」と叩かれる記憶問題

国会で久々に立憲民主党副代表の蓮舫参議院議員のことが話題になった。 蓮舫議員は5月10日に行われた加計学園問題を巡る参院予算委員会の参考人招致で、柳瀬唯夫元首相秘書官に「記憶を自在になくすのか」などと詰め寄った。これに対してインターネット上では《お前が言うな!》という投稿が殺到した。自身の“二重国籍問題”において、記憶…

つづきを見る

「緑のタヌキ」小池百合子都知事と「どんぐり」たちの今後

衆議院解散の直前に『希望の党』設立の“緑旋風”を仕掛け、多数の現職議員を合流の渦に巻き込んで民進党を事実上解党させた小池百合子東京都知事が、いまでは“緑のタヌキ”と揶揄されている。 国政政党を立ち上げ、自ら代表となって“政権交代”を目指すことと、都知事の職は本来、両立しない。政権交代を目指す以上、首班指名候補を決めるこ…

つづきを見る

小池百合子「希望の党」代表のシナリオ通りに進む衆院選

小池百合子東京都知事の“排除の論理”をすり抜け、希望の党に流れ込む民進党の同僚議員をよそに、枝野幸男氏が新たに『立憲民主党』を設立した。これで民進党の分裂が事実上で決まり、希望の党へ「全員の移籍を目指す」と発言した前原誠司代表の意気込みはまやかしになった。 枝野氏は共産党や社民党との共闘に活路を見いだす構えだが、野党候…

つづきを見る