義母と娘のブルース

『義母と娘のブルース』ラストの謎演出に「感動がひっこんだ」

9月18日にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)の最終回が放送された。綾瀬はるか演じる継母と娘の愛の物語が描かれ、ドラマそのものは総じて高評価を得た。一方で最後のシーンには「意図が分からない」との声も。最後の最後に「モヤモヤ」を残す展開となった。 最終話では、母子家庭となっていた娘のみゆき(上白石萌音)と亜希子(綾…

つづきを見る

『義母と娘のブルース』シリーズ化へ!『半沢直樹』『逃げ恥』との違い

綾瀬はるか主演の人気ドラマ“ギボムス”こと『義母と娘のブルース』(TBS系)の視聴率が絶好調で、「早くもシーズン2の制作に突入準備」の声もちらほらと聞かれるようになってきた。 「初回は平均視聴率11.5%とまずまずのスタートでしたが、回を増すごとに右肩上がりで数字が上昇。後半に進むにつれて目の離せない展開が続き、ついに…

つづきを見る

佐藤健「売れっ子の罠」ドラマの掛け持ちを視聴者が不快に思ったのは…

8月21日にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が放送された。ドラマは先週から第2部に突入。主演の綾瀬はるかの相手役を佐藤健が務めているが、その役どころをめぐって批判が相次いでいる。 第1部では竹野内豊演じる良一が綾瀬演じる亜希子と結婚し、良一の娘・みゆき(横溝菜帆)を育てる展開だった。第2部の冒頭、かねてから胃が…

つづきを見る

「期待に反して大苦戦」今期ドラマの低視聴率に「共通点」が見つかった!

今クールのドラマも放送回数を重ね、勝ち組と負け組がはっきりと分かれてきた。 「スタートから平均でフタ桁の数字をキープしている勝ち組は、8月8日現在では、『遺留捜査』(テレ朝)、『義母と娘のブルース』(TBS)、『刑事7人』(テレ朝)、『ハゲタカ』(テレ朝)、『グッド・ドクター』(フジ)となります」(テレビ誌ライター) …

つづきを見る

2014.10.16????????????????????

竹野内豊「がん患者役とは思えない」肉体美を披露に視聴者は違和感

8月7日に『義母と娘のブルース』(TBS系)の第5話が放送された。主演の綾瀬はるかが胃がん患者の夫を介助するシーンが流れたが、夫役の竹野内豊について「病気の割に筋肉がありすぎでは」と違和感を覚える視聴者が続出している。 綾瀬演じる真面目な元キャリアウーマンの妻が、義理の娘と心を通じ合わせようと奮闘する同ドラマ。先週の第…

つづきを見る

綾瀬はるか「土下座芸」がネットで違和感。正しい土下座とは?

7月31日に放送されたドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)で、綾瀬はるかが披露した土下座シーンが話題となっている。 同ドラマは妻と死別した良一(竹野内豊)が亜希子(綾瀬)と突然結婚し、亜希子が良一の娘みゆき(横溝菜帆)と親子としての交流を図るストーリーを展開している。この日放送された第4話では、良一と亜希子の結婚を…

つづきを見る

2018年夏ドラマ初回の視聴率「トップ3とワースト3」それぞれの理由

民放各局の夏ドラマが続々とスタートしている。まだ1、2話が放送されたばかりだが、早くも視聴率の明暗が鮮明となっており、関係者をヤキモキさせているようだ。 まず、堅調なスタートを切ったのはテレビ朝日『遺留捜査5』。7月12日に放送された初回2時間SPは14.7%の高視聴率で、堂々の1位を獲得。昨年7月期にシーズン4が放送…

つづきを見る

綾瀬はるか「義母と娘のブルース」で母親役の今後の成長

7月10日からTBS系列で放送が始まった連続ドラマ『義母と娘のブルース』は第1話の平均視聴率が11.5%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)だった。このドラマは、綾瀬はるかが主演で、竹野内豊と夫婦役で出演している。原作は桜沢鈴氏による同名の4コマ漫画だ。 ドラマは、母の病死から立ち直れずにいる父子家庭のもとに、新しい母とし…

つづきを見る

綾瀬はるか「バスト強調」シーンが鮮烈すぎる新ドラマ「義母と娘のブルース」

綾瀬はるかが主演する新ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)が7月10日にスタートした。父子家庭の義母という役どころを初めて演じることとなった綾瀬だが、視聴者はその設定以上に“胸が強調された衣装”に目を奪われてしまったようだ。 綾瀬の役はキャリアウーマンで部長という岩木亜希子。仕事に真面目で成功のためには手段をいとわ…

つづきを見る