芥川賞

古市憲寿「芥川賞」ノミネートに「格が落ちた」「何でもありかよ」

12月17日、芥川賞・直木賞の候補作が発表され、コメンテーターとしても活躍する古市憲寿氏の小説『平成くん、さようなら』が芥川賞候補にノミネートされた。17日、古市氏は情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演しノミネートされたことに言及。視聴者からは祝福の声が聞かれたが、一部視聴者からはブーイングもあった。 この日の…

つづきを見る

芥川賞が大ピンチ!受賞候補作に「パクリ疑惑」が噴出

純文学の新人小説家に与えられる芥川龍之介賞、通称『芥川賞』。古くは石原慎太郎や大江健三郎、村上龍らが受賞し、これを機に大躍進を遂げている。2015年には、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でお笑いコンビ『ピース』の又吉直樹が『火花』で受賞し、大きな話題となったことは記憶に新しい。 そんな、無名作家が著名作家の仲…

つづきを見る

先取りスクープ!吉高由里子が「女版又吉」芥川賞狙いの作家デビュー計画

10月9日から上演されている舞台『大逆走』で約1年ぶりに女優復帰した吉高由里子(27)の仰天計画を独占キャッチ。吉高の作家転身が進められているというのだ。 吉高は10月7日発売の純文学誌『文學界』(文藝春秋刊)でエッセイ『映画と“あの人”に恋して』を寄稿した。 「『文學界』といえば、お笑い芸人の又吉直樹が小説を寄稿した…

つづきを見る