芸能人まとめ

自殺衝動で包丁を手に…星野源、長嶋一茂“メンタルの病”から立ち直った芸能人

俳優の深田恭子が「適応障害」治療のため、芸能活動の一時休止を発表したことが大きな話題となった。深田は昨年春ごろから体調を崩しており、今回「適応障害」と診断されたという。 理解できないほどにストレスがかかるであろう芸能界。多くの人がメンタルの調子を崩し、それを乗り越えてきた。 今や〝厚かましい〟キャラがすっかり世間に定着…

つづきを見る

石原さとみには代表作がない!? 新垣結衣、綾瀬はるかとの決定的な差…

超売れっ子俳優となれば、代表作の一つや二つはあると思うだろう。しかし案外、すんなり出てこない人も少なくない。 石原さとみはまさにその例。超売れっ子の彼女だが、彼女の代表作と言われてピンとくるものはあるだろうか。『Ns’あおい』、『失恋ショコラティエ』(ともにフジテレビ系)、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野…

つづきを見る

新垣結衣だけじゃない! “恋人役”から結婚した芸能人といえば…

日本全国に嬉しい衝撃を与えた新垣結衣と星野源の結婚。2人はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で、夫婦役を演じたことをきっかけに距離が縮まり、実際に交際に発展したと言われている。 共演をきっかけに結婚するケースはよくあるが、中でも〝恋人役〟を演じて本当の夫婦になったケースも多い。 代表的なのは杏と東出昌大。残念…

つづきを見る

意外と知らない? 松本人志と内村光良の“ビッグな元カノ”たち…

芸能界では〝不仲〟によって共演NGが生まれるほかに、〝元恋愛関係〟であることも共演NGの理由になってしまうものだ。 『ダウンタウン』松本人志は、2009年5月に元タレントの女性と結婚したが、その前に多くのビッグネームと恋愛を繰り広げてきた。その筆頭が、俳優の常盤貴子だ。2人は1995年ごろに熱愛がスクープされている。破…

つづきを見る

ドアノブにお好み焼き…男性芸能人たちの“強烈すぎる”ストーカー被害

『関ジャニ∞』大倉忠義が、ストーカー被害をブログにつづったことが大きな話題になっている。ニュースメディア『東スポWeb』によると、大倉はジャニーズ事務所のファンクラブ向けブログで、《最近疑問なのよ。稽古場にわざわざ出向いてくださっているルールの守れないお嬢様方に適応する法律はないのかしら》《どんだけ訴えても無くならない…

つづきを見る

宮脇咲良の卒業だけじゃない! 運営の“お漏らし”が問題となったアイドルグループ

近頃、アイドルグループを中心とした、運営による解禁前情報の「お漏らし」が話題となっている。 まずは、人気グループ『HKT48』や、グローバルグループ『IZ*ONE』など、日本だけではなく世界を股にかけるトップアイドル・宮脇咲良。つい先日、日本に帰国した彼女だったが、公式の発表を待たずして〝HKT卒業〟の情報が漏れてしま…

つづきを見る

キレイごとアーティストはクズだらけ!?『コブクロ』不倫報道で“説”に信憑性

音楽デュオ『コブクロ』の〝大きい方〟こと黒田俊介が、30代の女性と不倫をした末、相手を自殺未遂に追い込んでいたことが『文春オンライン』で報じられた。 黒田は女性と2019年秋から不倫関係にあったが、関係が悪化すると女性は報復として黒田の自宅ポストにLINEのやりとりを投函するように。黒田はこれらを「ストーカー行為」だと…

つづきを見る

『コントが始まる』は低視聴率でも面白い! なぜか数字が取れなかった名作ドラマ

2021年春ドラマは、多くの作品が爆死している。しかし視聴率が低いものの、視聴者満足度が高い作品も多い。 松たか子主演の『大豆田とわ子と三人の元夫』(TBS系)は、世帯平均視聴率が5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)まで下がっていた。しかし、ドラマの放送時間にはSNSやネット掲示板で大きな賑わいを見せており、…

つづきを見る

星野源、高橋一生に意外な過去!? 大ヒットドラマに脇役で出演していた俳優たち

4月30日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて、2012年に公開された実写映画『るろうに剣心』が放送され、駆け出し時代の〝スター〟たちが多数出演していたことが話題となった。 綾野剛は、剣心と戦う敵キャラ・外印として出演。見せ場こそあったものの、外印は原作で人気のないキャラであり、今の綾野だったらまずあてがわれるこ…

つづきを見る

福原愛のイメージ失墜! 不倫報道で転落人生を歩む芸能人たちの今

昨今、芸能人や政治家をはじめ、数多くの有名人が不倫を暴かれ、世間を賑わせている。現在はどんな心境で活動を続けているのか、特に話題となった人物を何人かピックアップしていこう。 まずは、元卓球選手の福原愛。福原は、今年3月に『NEWSポストセブン』に、横浜中華街での〝お泊まり不倫〟を報じられ、ファンをザワつかせていた。 こ…

つづきを見る