藤田菜七子

Horse racing

競馬会の「アイドルジョッキー」藤田菜七子が大スランプに陥った理由

JRAで16年ぶりの女性ジョッキーとなった藤田菜七子(19)が勝てていない。 6~7月で勝利したのは、地方の佐賀競馬に参戦した際の1勝のみ。しかも6頭立てで単勝1.2倍の大本命に騎乗したレースだ。ここのところ何の見せ場もない二桁着順も多く、スポーツ紙の扱いも小さくなってきた。当然、応援する競馬ファンも減っている。一体、…

つづきを見る

ここまでの藤田菜七子騎手の騎乗で分かってきた「課題と長所」

AKBグループのエグゼクティブプロデューサーの窪田康志氏は、多数の馬を所有する馬主でもある。 馬名に『ドラゴン』という冠名を用いて走らせているので、競馬ファンならご存じのことだろう。 窪田氏はタレント業に関わっているだけに、記者の間では「藤田菜七子(18)を騎乗させてくるのは間違いないだろう」と言われていた。そうすれば…

つづきを見る

The Winner.

JRA16年ぶりの女性騎手の順調なデビューとこれからの課題

いま競馬界で一番の話題といえば、初々しいデビューを飾ったJRAで16年ぶりの女性騎手である藤田菜七子(18)に関するニュースだろう。 JRAではこれまでに6名の女性騎手がデビューしているが、成績はあまり芳しくなく、活躍したとしても引退までに15勝程度がやっとと言われる。 しかし、藤田騎手には各方面から期待の声が多く挙が…

つづきを見る