観光

迷惑!中国人観光客『世界中で横暴』をネットで強く批判したのは…

スウェーデンVS中国のいがみ合いが勃発した。事の発端は9月中旬、スウェーデン警察が中国人観光客をホテルから追い出したことだ。 ストックホルムのホテルに予約より1日早く到着した3人の中国人観光客を、ホテルの要請によりスウェーデン警察が強制退去させた。これに怒った中国政府は9月17日、スウェーデン政府に対し抗議した。 「こ…

つづきを見る

南北融和で観光客誘致?北朝鮮の巨大リゾート計画

北朝鮮の東部沿岸の拠点都市、元山(ウォンサン)にある広大な葛麻(カルマ)海岸観光地区で“巨大リゾート計画”が進んでいる。国際空港の葛麻飛行場には、今年1月31日に馬息嶺スキー場で平昌五輪に出場する北朝鮮、韓国選手団による南北合同スキー練習が行われるのに伴い、韓国の襄陽(ヤンヤン)国際空港からアシアナ航空によるチャーター…

つづきを見る

城崎温泉まさかの「外国人観光客36倍」その秘密

“号泣議員”こと野々村竜太郎元兵庫県県議会議員。いまではその悪名もすっかり「このハゲー!」の豊田真由子前衆議院議員に取って代わられ、忘れ去られつつある。その野々村元議員が年間で106回も現地調査のために日帰り出張していたという城崎温泉(兵庫県豊岡市)が、外国人観光客に人気だ。 2015年に実地された『DBJ・JTBFア…

つづきを見る

壇蜜のセクシー観光PR動画が配信停止になった裏事情

宮城県の村井嘉浩知事が先ごろ、タレントの壇蜜を起用した県の観光PR動画を8月26日に動画サイトから削除すると明らかにした。同知事は動画が一定の役割を果たしたとしつつ、“性的”と受け取れる表現への批判を踏まえ、「不快に思っている人にも配慮する必要がある」と述べた。 動画の演出は確かにセクシーなものだった。壇蜜が官能的な口…

つづきを見る

「空飛ぶペンギン」だけじゃない!オモシロ水族館6選

飼育数の多さや水槽の大きさが世界有数の大型水族館、イルカやアシカのパフォーマンスが人気の水族館等々、日本にはさまざまな特徴を売りにした水族館がある。他館との差別化を図り、趣向を凝らした展示やスタッフのこだわりが伝わる水族館を6つご紹介する。夏休み前にチェックしておこう。 まずは、ペンギンの展示区画を大きくリニューアルし…

つづきを見る

苦戦続く「東京ディズニーリゾート」満を持して繰り出す秘策

東京ディズニーリゾート(TDR=千葉県浦安市)が集客に苦戦している。TDRを凌駕する勢いを見せるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ=大阪市)の動向と対比しつつ、レジャー誌記者が解説する。 「『東京ディズニーランド』と『東京ディズニーシー』を合わせたTDRの2016年度入場者数は、対前年比マイナス0.6%の3000…

つづきを見る

訪日外国人患者の「医療費踏み倒し」で病院がピンチ

外国人観光客が医療費を未払いにしたまま帰国する問題が相次ぎ、病院が悲鳴を上げている。関係者は、「食い逃げは逮捕されるのに、医療費の踏み倒しは許されるのか」と憤りを隠していない。 空港近くの、とある医療センターに来院する人は、大半が急患だ。しかし、未納となる人は旅行保険に加入しておらず、クレジットカードも持っていないこと…

つづきを見る

まだ誰もいない「新豊洲市場」には意外なビュースポットがいっぱい!

築地市場から移転延期となった東京都の豊洲市場。当初の予定であれば、いまごろは観光客と市場関係者でごった返しているはずだったが、いまだにもぬけの殻のままだ。 しかし、そんな問題の多く起こっているスポットでも、訪れてみると面白いところはたくさんある。 最寄り駅となる『市場前駅』(ゆりかもめ)に降り立ってみると、駅は閑散とし…

つづきを見る

特急「あずさ号」運行開始50周年記念イベントが熱い!

JR東日本の人気特急『あずさ号』がデビュー50周年を迎え、さまざまなイベントが行われている。 あずさは中央本線初の特急列車として、1966年12月12日に新宿(東京都)―松本(長野県)間で運転が始まった。由来は松本市を流れる信濃川水系の梓川にちなんだもので、当初は1日2往復で走っていた。その後、大糸線や千葉駅に乗り入れ…

つづきを見る

春の千葉の各鉄道はイベントが満載!

この春、千葉県の鉄道が脚光を浴びている。 3月3日に開業30周年を迎えた京葉線(JR東日本)では、同線を中心にトレインカードなどがもらえる『房総・京葉線スタンプラリー』(3月21日まで)を実施している。 この他の私鉄もイベントが盛りだくさんだ。 千葉県北西部(東葛地方)のローカル線の流鉄流山線は、3月12日に『流鉄開業…

つづきを見る