訃報

BTSファンも追悼…『ルイ・ヴィトン』デザイナー急逝に世界中から悲しみの声

ファッションブランド『OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH』の創立者であるヴァージル・アブロー氏が、癌のため41歳という若さで急逝したことが明らかに。世界的デザイナーだっただけに、さまざまな業界の著名人から追悼のメッセージが寄せられている。 自身のブランド「OFF-WHITE」だけでなく、世界的なブラン…

つづきを見る

『ローリング・ストーンズ』解散!? チャーリー・ワッツの訃報に世界中が涙

イギリスが世界に誇る伝説のロックバンド『The Rolling Stones』。そのドラマーであるチャーリー・ワッツさんが8月24日に亡くなったと発表され、世界中が悲しみの声で溢れかえっている。 発表があったのは、25日に更新された同バンドの公式ツイッター。チャーリーさんはロンドンの病院で家族に囲まれながら安らかに亡く…

つづきを見る

『モーニングショー』長嶋一茂“ワクチン非接種”を称賛?「開いた口が塞がらない」

タレントの長嶋一茂が8月20日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に生出演。俳優・千葉真一さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため、82歳で亡くなったことについて言及したが、ネット上では厳しい声があがっている。 この日の番組では、感染症学が専門の日本医科大特任教授・北村義浩氏が、千葉さんが自らの意…

つづきを見る

『古畑任三郎』の最高傑作といえば? 人気はイチロー回や「今、甦る死」

4月3日に心不全で死去していたと公表された俳優の田村正和さん。多くの人から悲しみの声が上がる中、ネット上では代表作『古畑任三郎』(フジテレビ系)シリーズの傑作エピソードを振り返る人も続出している。 1994年に第1シーズンが放送されてから、長い間人々に愛されてきた「古畑任三郎」。傑作エピソードは人によってさまざまだと思…

つづきを見る

『ベルセルク』作者・三浦建太郎さん逝去…早すぎる突然の死に「過労」の噂

ダークファンタジー漫画『ベルセルク』などで知られる漫画家・三浦建太郎さんが、5月6日に亡くなったことがわかった。多くのファンから悲しみの声が相次ぐ中、《過労だったのではないか》との指摘もされている。 5月20日に『白泉社』の公式サイトは、《漫画家の三浦建太郎先生が、2021年5月6日14時48分、急性大動脈解離のため、…

つづきを見る

LiSA『徹子の部屋』が放送延期に! 田村正和さん追悼より“告知”を気にするファン

5月19日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)は、前日に訃報が報じられた俳優・田村正和さんの追悼回を放送。本来は歌手のLiSAが出演する予定だったため、彼女のファンから疑問の声が相次いでいる。 番組はもともと、ミニアルバム『LADYBUG』の発売に合わせてLiSAが出演予定だった。しかし急遽、田村さんが過去に出演した「徹子…

つづきを見る

『金ロー』初代オープニング放送で視聴者歓喜「懐かしい」「粋なことをする」

5月14日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、大ヒット長編作品『タイタニック』後編を放送。番組冒頭で〝初代のオープニング〟が放送され、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 普段の同番組のオープニングは、映画『未来のミライ』や『サマーウォーズ』で知られる細田守監督が手掛けたもの。しかし14日の放送では、1985年の…

つづきを見る

元有名格闘家が“一家心中”!? 突然の訃報に格闘技ファンから悲しみの声

なんとも痛ましい事件が起きてしまった。4月22日午前1時前、横浜市青葉区のコンビニ店の駐車場に停車した車の中から、土志田信弘さんと妻の美穂子さん、小学2年の理伎さん、皓至ちゃんの一家4人の遺体が見つかった。警察によると、車には鍵が掛けられていて、車内からは血の付いた刃物が見つかっており、無理心中とみられている。 信弘さ…

つづきを見る

橋田壽賀子の逝去の裏で…泉ピン子とえなりかずきの“共演NG”説が再燃!

大ヒット長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で知られる脚本家・橋田壽賀子氏が、4月4日に急性リンパ腫により逝去。この訃報を受けて同ドラマ出演者から追悼の言葉が送られたが、これをきっかけに泉ピン子とえなりかずきの〝共演NG説〟が再び掘り返されている。 橋田氏の訃報に、藤田朋子、船越英一郎、馬渕英里何といった俳優か…

つづきを見る

20年不倫・桂文枝“悲痛な思い”明かすも「同情できません」

1月24日に妻、翌25日に母を相次いで亡くした落語家の桂文枝が1月27日、『吉本興業』のニュースサイトにコメントを発表。悲痛な思いを吐露した。 文枝は、《1月24日妻、眞由美があくる日の1月25日母が追うように逝去いたしました 人生の中で2日続けて死亡届を書くなんて思ってもいませんでした》《眞由美は、贅沢を嫌い困ってい…

つづきを見る