評判

blank notebook and pen on wooden table

アナウンサーより上手い「NEWS」小山慶一郎の司会ぶり

ジャニーズ『NEWS』の小山慶一郎(31)の司会がなかなか好評を博している。 小山は夕方のニュース『news every』(日本テレビ系)のMCを担当。本職顔負けの司会ぶりだと評判だ。   「ジャニーズはここ数年、司会業に力を入れていますが、ニュース番組に出ているのは小山と櫻井翔(34)だけ。ただ『NEWS ZERO』…

つづきを見る

光る棒

「アイドル戦国時代」の終わりを象徴するフェアリーズの迷走

アイドルグループ『フェアリーズ』のメンバーの野元空(18)のブログが先ごろ、アイドル好きの間でちょっとした話題となった。 ブログの文章のある部分を縦読みすると《迷惑かけたうえ二、説明できなく手 本当に ゴめんなさい》(原文まま)と謝罪する内容になっていたからだ。

つづきを見る

政治オタクの春香クリスティーンが上智大中退で「実は勉強嫌い」?

ハーフ系タレントの中でも特異な存在感を見せている、春香クリスティーン(24)。彼女は政治好きとして知られている。 春香は日本人の父とスイス人の母親とのハーフ。16歳のとき来日し。2010年に現役で上智大学文学部新聞学科に入学。学生コメンテーターとしてテレビ番組へ出演していたが、一部夕刊紙報道によれば、3月をもって大学を…

つづきを見る

愛人キャラの橋本マナミが…マスコミから絶賛される「コメント力」

“愛人にしたいタレントNo.1”の異名を持つ橋本マナミ(31)が新たな資質を発揮し、愛人キャラだけではないというところを見せ始めている。 橋本は1997年に『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で演技部門賞を受賞し、12歳で芸能界入り。オスカー美女軍団として知られる米倉涼子や上戸彩らが所属するオスカープロモーションに2…

つづきを見る

高市総務相「テレビ局の電波停止」発言にネットで賛同の声

高市早苗総務相(54)の「政治的に公平でない放送局は電波停止」という発言が波紋を呼んでいる。 高市総務相は2月8日の衆院予算委員会で、放送局が政治的に公平であることと、放送法違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性について述べた。

つづきを見る

SMAP解散騒動で注目された諸星和巳の「ハチャメチャ伝説」

元ジャニーズ事務所所属で『光GENJI』のメンバーだった諸星和己(45)が、SMAP解散騒動で注目されるコメントを発し、存在感を示した。 騒動と諸星出演の舞台『Honganji』大阪公演の時期が重なり、その舞台のPRのために出演した大阪のテレビ番組での発言が注目されたのだ。

つづきを見る

視聴

フジテレビ幹部も頭を抱える…宮澤智アナの「テキトー」仕事ぶり

フジテレビの宮澤智アナウンサー(25)の去就に注目が集まっている。 現在担当しているスポーツニュース『すぽると!』が3月末をもって終了し、新番組に変わることが決定しているためだ。 「宮澤アナも番組終了に伴い、同時間帯から降板することが内定しています。新番組には入社3年以内の若手がMCになるそうです」(フジ関係者)

つづきを見る

小保方晴子氏に浮上した2冊目の「手記本」出版

理化学研究所の元研究員で、STAP細胞に関する研究と論文で世間を賑わせた小保方晴子氏(32)が、手記『あの日』(講談社)を上梓した。 内容に関しては、すでに多くのマスコミが報じているために割愛するが、手記の根幹には「理研にはめられた」という主張がある。特に共同研究者であった若山照彦氏(山梨大学教授)に裏切られたという記…

つづきを見る

堀北真希のドラマ収録現場での「超マイペース」行動に大地真央がブチ切れ寸前

1月13日から始まったドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)で主役を務めているそんな堀北真希(27)には、いくつかのNG項目があるという。 「まず声が大きい人はダメ。何か攻撃されているみたいで怖くなり、萎縮してしまうそうです。昨年結婚した夫の山本耕史(39)は、めったに声を荒げることはないので大丈夫とい…

つづきを見る