話題

日本の野球を根底から揺さぶる「アマチュア審判員」の減少問題

高校野球が危機に瀕している。 春と夏の甲子園大会は、平日の昼間に開催されているにもかかわらず、テレビ視聴率が20%を超える人気コンテンツだ。 その高校野球を支えている審判員が、不足どころか絶滅危惧種に指定されかねないほど足りなくなっており、運営が困難になるというのだ。 「現在は、全国の約4000校が甲子園大会を目指して…

つづきを見る

ジャニーズコンサートで毎回ファンの奪い合いが起きる「お宝品」

ジャニーズのコンサートでは、終盤にステージ前方から巨大クラッカーのごとく打ち出される銀テープなどの落下物を、記念品としてファンが持ち帰ることが恒例となっている。 銀テープにはコンサートロゴがプリントされており、さらにはメンバーカラーに色分けされている。メンバーカラーとは、たとえば『SMAP』なら木村拓哉が赤、中居正広が…

つづきを見る

日本の酷暑に最適な下着が「FUNDOSHI」として世界共通語へ

舛添要一元東京都知事(67)が辞任した際に、米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は『sekoi(せこい)』という日本語を使って報じていた。都議会の議員が舛添元都知事を追及した言葉を《This is sekoi – too sekoi.(あまりにせこい、せこ過ぎる)》と表記。晴れて(?)『sekoi』は世界共通語になった。 …

つづきを見る

「億単位」の経済効果をもたらす福山雅治主演、ジョン・ウー監督の映画ロケの異常な盛り上がり

福山雅治主演の映画『追捕 MANHUNT』(ジョン・ウー監督)が大阪で撮影されている。 6月17日に大阪の『あべのハルカス』で同作のプレスイベントが開かれた際、ジョン・ウー監督は「多くの重要なシーンで、大阪のさまざまなスポットが登場します。どこも普段は映画のロケなどできない特別な場所です」と語っていた。その撮影場所の一…

つづきを見る

谷原章介は食事レシピ500以上!イクメン芸能人の子育て術

昨年に引き続き、芸能界では妊娠と出産の話題が多い。 今年、第1子が生まれたタレントをざっと挙げてみると、2月に田中将大(27)と里田まい(32)の間に男児、4月は西島秀俊(45)に男児、5月が東出昌大(28)と杏(30)に双子の女児、6月は藤原竜也(34)に第1子(性別非公表)が誕生している。 今年6月に第5子が誕生し…

つづきを見る

長友佑都と平愛梨の「1億円披露宴」に招待される豪華メンバー

先ごろ交際を発表したタレントの平愛梨(31)と、サッカー日本代表の長友佑都(29)が、テレビ業界をにわかに活気づかせている。 この二人の結婚披露宴の中継が注目を集めているのだ。 「この両者の結婚はほぼ間違いないと言われています。すでに長友は、平の両親に挨拶を済ませ、自分の親にも紹介し、長友が30歳になる9月12日の誕生…

つづきを見る

モダンから遺産へ変わりゆく古き良き「団地」が静かなブーム

《わが団地 かつてはモダン いま遺産》(ねこのすけ) これは6月4日から公開中の映画『団地』(阪本順治監督)を記念して行われた『団地川柳コンテスト』の入賞作品だ。 今年は『団地』だけでなく、5月には是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』も公開されている。どちらの作品も、団地を舞台に家族愛を描いたもので、実在の団地を使っ…

つづきを見る

夏の風物詩「夜行列車の旅」が静かなブーム

夜行列車がちょっとしたブームになっている。 現在の定期運行されてる夜行列車は、東京駅発の寝台特急『サンライズ瀬戸』(東京―高松)と、『サンライズ出雲』(東京―出雲市)の2種類のみ。それでも、臨時列車としての需要は高く、この夏もさまざまな夜行列車が走る。 東京駅23時10分発・5時5分着の『快速ムーンライトながら』(東京…

つづきを見る

アリ対猪木戦があった1976年に起きた、いまなお続く世界的「レガシーな出来事」

6月3日に亡くなったボクシングの史上最強王者のモハメド・アリ(享年74)と、“燃える闘魂”アントニオ猪木(73)が対戦した、『格闘技世界一決定戦』から40年。 試合が行われた6月26日は、今年から日本記念日協会登録の『世界格闘技の日』に制定されたが、1976(昭和51)年という年は、アリ対猪木戦だけでなく、レガシーな1…

つづきを見る

櫻井翔と上田竜也が告白した「しつけ置き去り」の過去

北海道七飯町の山林で、5月28日に7歳の男児が置き去りにされたあとに行方不明となり、その6日後に男児が発見された。 父親が男児が車や人に石を投げたため、しつけと称して山の中で車から降ろし置き去りにした事件だ。 そして、ジャニーズの人気者で、過去にしつけのために置き去りにされたことをイベントや番組で告白していたタレントが…

つづきを見る