話題

モダンから遺産へ変わりゆく古き良き「団地」が静かなブーム

《わが団地 かつてはモダン いま遺産》(ねこのすけ) これは6月4日から公開中の映画『団地』(阪本順治監督)を記念して行われた『団地川柳コンテスト』の入賞作品だ。 今年は『団地』だけでなく、5月には是枝裕和監督の映画『海よりもまだ深く』も公開されている。どちらの作品も、団地を舞台に家族愛を描いたもので、実在の団地を使っ…

つづきを見る

夏の風物詩「夜行列車の旅」が静かなブーム

夜行列車がちょっとしたブームになっている。 現在の定期運行されてる夜行列車は、東京駅発の寝台特急『サンライズ瀬戸』(東京―高松)と、『サンライズ出雲』(東京―出雲市)の2種類のみ。それでも、臨時列車としての需要は高く、この夏もさまざまな夜行列車が走る。

つづきを見る

アリ対猪木戦があった1976年に起きた、いまなお続く世界的「レガシーな出来事」

6月3日に亡くなったボクシングの史上最強王者のモハメド・アリ(享年74)と、“燃える闘魂”アントニオ猪木(73)が対戦した、『格闘技世界一決定戦』から40年。 試合が行われた6月26日は、今年から日本記念日協会登録の『世界格闘技の日』に制定されたが、1976(昭和51)年という年は、アリ対猪木戦だけでなく、レガシーな1…

つづきを見る

櫻井翔と上田竜也が告白した「しつけ置き去り」の過去

北海道七飯町の山林で、5月28日に7歳の男児が置き去りにされたあとに行方不明となり、その6日後に男児が発見された。 父親が男児が車や人に石を投げたため、しつけと称して山の中で車から降ろし置き去りにした事件だ。 そして、ジャニーズの人気者で、過去にしつけのために置き去りにされたことをイベントや番組で告白していたタレントが…

つづきを見る

本命は長友佑都と平愛梨…芸能記者が予想する下半期に「結婚しそうな」女優

サッカー日本代表の長友佑都(29)と、タレントの平愛梨(31)が先日、交際を宣言した。 写真週刊誌に《極秘交際2年半でデキちゃった婚へ》と報じられたのを受け、長友は取材に応じ、「真剣にお付き合いしています。僕の“アモーレ”です」とコメント。結婚についても「僕はしたいです」と語ったが、妊娠は否定した。

つづきを見る

Media interview. Broadcast journalism.

櫻井翔に竹内由恵…報道内容よりキャスター陣で決まるニュース番組の人気

いまニュース番組の生き残りが苛烈になってきている。 民放には午後4時前からニュース番組を放送するテレビ局もあり、時間は拡大する一方だ。だが、ニュース番組の時間が拡大しているのには理由があるという。

つづきを見る