話題

バレンタインデーに絶対お勧め「日曜日のコンサートデート」

世界各地で男女の愛の誓いの日とされているバレンタインデー(2月14日)まで、早くも1カ月をきった。 日本では、義理チョコなどを除けば、女性から男性にチョコレートを贈り、愛を伝える日としてすっかり定着している。商業目的で始まった習慣ではあるが、1970年代後半ごろからイベント化し、いまなおこの時期になると、チョコレート商…

つづきを見る

タブレット学習は効果的?「同じ答えのレポート」を出してくる教育現場の不安

1月14日付の朝日新聞(教育面)は、本サイト『まいじつ』も同調するところが多かった。 紙面には『授業とデジタル化 期待と心配』というタイトルで、授業にタブレット端末などデジタル機器を用いることの危険性を指摘したものだ。 記事内容をかいつまんで紹介すると、昨年8月に文科省がPTA全国大会で保護者3889人を対象に「タブレ…

つづきを見る

鉄道旅行の醍醐味の一つになった「発車メロディー」巡り

東京ディズニーリゾートの最寄り駅であるJR京葉線舞浜駅の発車メロディー(発メロ)が、1月12日から『アナと雪の女王』に変わり、ディズニーファンや鉄道ファンの話題を呼んでいる。 「発メロは駅メロともいわれ、専用のCDも発売されるなど、新たな鉄道ジャンルとして人気が高いんです。舞浜駅はもともと『It’s a Small W…

つづきを見る

象のはな子の余生にタイ国民「20万人の嘆願書」

戦後の1949年9月に、タイから『カチャー』という名の仔ゾウが平和の使者として日本にやってきた。この仔ゾウは、上野動物園で戦争中に猛獣処分で亡くなった『花子』の名前を譲り受け、『はな子』と名づけられた。 東京都武蔵野市にある井の頭自然文化園で飼育されている象の『はな子』は69歳。日本で飼育されている象としては最長寿の象…

つづきを見る

探偵事務所に「不貞証拠集め」を依頼する、いまどき離婚事情とは

厚生労働省が発表した1月1日付の『人口動態統計の年間推計』によれば、昨年(2015年)の離婚件数は22万5000組、離婚率は1.80%と前年より微増した。 とはいえ、離婚はネガティブなことばかりではない。新たな人生の門出を迎えるために、別れ方は重要だ。最近は『離婚式プランナー』の寺井広樹氏が離婚式を手掛けるなど、円満離…

つづきを見る

ハンターが仕留めた「額から牙が生えた」異常なピューマの波紋

新年早々、アメリカで奇妙な生物が発見された。 額から牙が生えた異常なピューマ(別名=マウンテンライオン、クーガー)だ。 アイダホ州とユタ州の境界で、あるハンターがピューマを撃ち殺した。ピューマは北アメリカでは絶滅の危機に瀕しており、保護活動も行われている。だが、同地域には多数生息し、狩猟が合法となっている。撃たれたピュ…

つづきを見る

2016年競馬界は「小原軍団」の岩崎翼騎手に注目!

競馬界の大物騎乗仲介エージェントである小原靖博氏が、3カ月間の業務停止処分から復帰して早1カ月が経った。いまではトレセン内を所狭しと動き回り、そろそろ持てる力を発揮すると見られている。 小原氏は“栗東のドン”とまで言われるエージェント。現在請け負っている騎手は岩田康誠、四位洋文、岩崎翼の3人で、落馬事故の負傷が治れば福…

つづきを見る

年末年始に走る全国SL情報

40年前の1975年12月に営業運転を終えた日本のSL(蒸気機関車)――。しかし、この冬も“復活”したSLが全国各地で元気に走っている。 「現在、現役のSLは15両(8形式)あり、10路線で定期運転を行っています。大半は3月から11月までの運転なんですが、最近は冬期の臨時運転も実施していて、今年も6路線で『クリスマスト…

つづきを見る

オススメ!「都内の富士山が見える」穴場スポット情報

12月に入り、積雪の富士山を見られるようになった。新幹線(静岡)や富士五湖(山梨)からの眺めは感動ものだが、富士山は東京でも冬ならば特によく見えるのだ。 そこで、この冬とっておきの“東京の富士見スポット”を紹介しよう。 「いまでも富士見町(千代田区)、富士見橋(世田谷区)、富士見通り(国立市)など、地名にも残っているよ…

つづきを見る

新型車両デビュー山手線「トリビア」第2弾!

デビュー初日(11月30日)にトラブルが相次ぎ、揚句の果てには乗客を30分間カンヅメ状態にしてしまった、山手線の新型車両E235系。 さんざんなお披露目となったが、鉄道マニアによれば、「一番電車は午後3時過ぎの発車。13年ぶりの新車は満を持してのデビューでした。しかし、今年4月には同じ山手線で10時間近く全面ストップし…

つづきを見る