販売業

売り上げ不振の続く書店と出版業界が始めた様々な業態の副業

今年7月1日、東京駅八重洲口にある老舗書店『八重洲ブックセンター』が、出版卸大手トーハンからの出資(49%)を受け、新体制を発足させた。現在、日本最大のオフィス街である東京駅周辺では、大型開発の波が丸の内から大手町、八重洲エリアへと広がっている。 「八重洲ブックセンターはトーハンの子会社となり、社長もトーハンの出身者に…

つづきを見る

3期連続の債務超過からの復活!「メガネスーパー」が見出した顧客獲得術

めがね、コンタクトレンズなどの販売を行う全国チェーン店『メガネスーパー』が、昨年7月に東証から「上場廃止に係る猶予期間に入る」と宣告された。 しかし、今年に入って同社の前途に光が見え始めている。 「2007~2015年まで、通期・非連結の業績(売上高)が一貫して減少し、中でも2011~2013年は3期連続で債務超過に陥…

つづきを見る

不振の百貨店業界に追い打ちか? アパレルとの商習慣「委託販売」をやり玉に挙げる経産省

百貨店の主力商品はアパレル。これは、今も昔も変わっていない。百貨店のアパレル部門は委託販売(消化仕入れ方式)という名の商慣行のもとで販売されている。 だが、その委託販売に対して、経産省のメスが入ろうとしているという噂があるのだ。 「委託販売は、その名の通り、販売を委託することであり、商品の所有権は売れるまでメーカーにあ…

つづきを見る