週刊新潮

吉岡里帆『誤報』騒動の裏側…“吉岡つぶし”を狙う計画的犯行か

10月31日発売の『週刊新潮』で、父親がNHK大河ドラマのプロデューサーであると報道された若手人気女優の吉岡里帆。しかし、11月10日のネットメディア『週刊女性PRIME』によると、この報道はデマだという。 NHKは週刊女性の取材に対して、「通常は出演者のプライバシーについてはお答えしておりませんが、今回はそういった事…

つづきを見る

中居正広が反撃!『新潮』『文春』に“滝沢の弱点”を売り込みか

ジャニーズ事務所の中居正広が“あること”を週刊誌に売り込んでいるという。 滝沢秀明新体制が拡大する中、不仲の中居は今後、窮地に追い込まれるのは確実。その対抗策として週刊誌を味方につけておきたい思惑のようだ。 「中居といえば思い出されるのは、一昨年の六本木焼き肉忘年会。木村拓哉イジメのために稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3…

つづきを見る

松坂桃李「エロ要求」!?を高級エステ店で繰り返して嫌われた理由

10月11日発売の『週刊新潮』で、人気イケメン俳優、松坂桃李の見た目とは裏腹な“恥ずかしエピソード”が暴露された。 同誌によると、松坂は高級エステ店に足しげく通っては、女性セラピストたちを困らせているとのこと。同店は多くの芸能人が御用達にしており、性的なサービスは一切行っていない格式ある店舗だが、松坂はオイルマッサージ…

つづきを見る

滝沢秀明が『文春』ではなく『新潮』を選んだ意味深な理由とは

ジャニーズ事務所の滝沢秀明が、今後『週刊新潮』と“懇意”にすることが明白になった。同誌10月4日号では5ページにわたって滝沢の単独インタビューを掲載。その傾倒ぶりを示した。 「『週刊新潮』といえば『週刊文春』と出てくるほど、週刊誌界のシンボル的存在でありライバル誌同士。滝沢は、これまで文春の取材に応じることが多く、接近…

つづきを見る

爆笑問題・太田光の裏口入学「黒幕は安倍首相」とネット盛り上がる

お笑いコンビ『爆笑問題』の太田光が激怒している『週刊新潮』による日本大学芸術学部への“裏口入学”報道。太田は自身のラジオ番組などで完全否定し、8月12日放送のTBS系『サンデージャポン』でも、「おやじが裏口入学のネットワークと接触したと書いてあった。そのネットワークはヤクザと関係があったと書いてあるけど、それって俺のお…

つづきを見る