都市伝説

ウクライナにタイムトラベラーが出現!?

ウクライナの犯罪者、セルゲイ・ポノマレンコ氏が、タイムトラベラーではないかと注目を集めている。 2006年にウクライナの首都キエフの通りで、記憶を失った若い男性がさまよっていた。男性は50年ほど時代遅れの服装だった。そして、持っていた数十年前に発行された身分証明によると、名前はセルゲイ・ポノマレンコ。ソ連からウクライナ…

つづきを見る

超古代文明の遺物!? 10万年前の「コンセント付き花崗岩」見つかる

この花崗岩は1998年に電気技師の仕事をしているジョンJ.ウィリアムズ氏が、北アメリカを旅行中に発見したものだ。しかし、左上を突起物をよく確認すると…。   どうだろう? “金属製の三つ又コンセント”が埋まっているように見えないだろうか? しかもこの石は年代測定の結果、10万年前の物と判明したそうだ。   10万年前の…

つづきを見る

元米大統領首席補佐官が2カ月以内にUFOについて重大発表か

アメリカを代表するポップパンクバンド『ブリンク182(ワンエイティートゥー)』の元フロンロマン、トム・デロングが「2カ月以内にUFOとエイリアンに関する超ビッグな情報公開が行われる」と宣言した。 トムはミュージシャンからUFO研究家に転身し、3月上旬に開催された国際UFO会議で『UFOリサーチャー・オブ・ザ・イヤー』に…

つづきを見る

写真に写っていた土偶にそっくりの「未知の存在」

スコットランド中西部のローランド地方に住む男性が「未知の存在を撮影した」と主張している。 男性が甥と森を歩いていたときに、前を歩く甥を撮影した。 「そのとき、何者かがいる気配はしていたんですが、デジカメのモニターには特に人らしきものは写っていないし、肉眼でも誰も見えなかった」と男性は語る。 しかし、帰宅してパソコンに画…

つづきを見る

「悪魔払い」をする神父が後継者不足に

除霊と称して信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた『福島悪魔払い殺人事件』(1995年)など、“悪魔払い”に関する事件は、あとを絶たない。 そもそも、おはらいは一般の人々にとってあまりなじみのないものであろう。だが、欧州のカトリック教会では、社会に認められて経歴もしっかりとした神父が、悪魔払いを行っている。キ…

つづきを見る

「黒猫を見ると縁起が悪い」という迷信はなぜ生まれたのか?

ヤマト運輸のトラックが目の前を横切ると不幸になる…。このような“黒猫”が不幸をもたらすという都市伝説は多い。ところが、この俗説は西洋から入ったもので、日本では古くから、逆に幸運を呼ぶ縁起のいいものとして扱われてきたのだ。 西洋説の源流をたどると、古代エジプトの“猫神信仰”にまでさかのぼるという。それがギリシア神話と融合…

つづきを見る

インタビュー動画が物議を醸す「エイリアン・ハイブリッド」の謎

身長190cmでブロンドヘアに碧眼の女性のリサが、「わたしはエイリアンと人間の子供。『エイリアン・ハイブリッド』です」と告白している。 これまでにも、エイリアン・ハイブリッドを自称する人間は何人もいた。 リサは、「1975年に、ママが妊娠していて、ひとりの男の胎児がおなかにいた。そのときに、ふたりのエイリアンに遭遇した…

つづきを見る

朝ドラのまれ以外にも…テレビ界で囁かれる「呪いのドラマ」

出演者が相次いでトラブルに見舞われたドラマをテレビ業界では“呪いのドラマ”と呼ぶことがある。 「例えば1990年に放送された『HOTEL』(TBS系)では、主演の高嶋政宏が美元と泥沼の裁判を経て離婚しており、先日亡くなった松方弘樹も愛人問題で仁科亜季子と離婚。さらに、菊池桃子は西川哲と離婚し、沖田浩之は自殺をしています…

つづきを見る

アメリカが「エイリアンの人食い基地」建設中か!?

人食いエイリアンの基地が、アメリカのニューメキシコ州の僻地に建設中だという。しかも何と、これは公式記録に記されていることなのだ。 アメリカ農務省は、森林局によって管理されている土地に関する膨大なファイルを公開した。そこにはエイリアンやUFOの活動と思われるような奇妙な証拠も含まれている。 エイリアンやUFOに関する機密…

つづきを見る

海外の古城だけでなく総理公邸にも現れる幽霊伝説の数々

欧州には幽霊伝説が残る宮殿が少なくない。例えばイギリスだけでも、赤いドレスの女性や騎士の幽霊目撃情報が多数寄せられている『ドーバー城』、元監獄でギロチン処刑も行われたことのある世界遺産の『ロンドン塔』、不気味な青い光や女性の霊が出るといわれる『チリンガム城』など、枚挙にいとまがない。 2014年に放送されたNHKスペシ…

つづきを見る